• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
武田薫
著者のコラム一覧
武田薫スポーツライター

1950年、宮城県仙台市出身。74年に報知新聞社に入社し、野球、陸上、テニスを担当、85年からフリー。著書に「オリンピック全大会」「サーブ&ボレーはなぜ消えたのか」「マラソンと日本人」など。

「瀬古ハラ問題」で思ったこと…それでも潔く謝るしかない

DeNAランニングクラブの瀬古利彦総監督にセクハラ問題があったという。いよいよ何か起きたかと思ったら、大会後の飲食の席で女性アナへの下ネタ話……。故意でなくともダメは、ドーピングと同じである。

 瀬古氏はマラソン日本を象徴する輝かしい実績の持ち主で、いまでも海外の陸上関係者が知る日本選手といえば「キリュウ」でも「タカハシ」でもなく、「ムラコソ」(村社講平)と「セコ」なのだ。まして、現在は日本陸連マラソンリーダーとして2020年の東京オリンピックを代表する立場。酒席を盛り上げるのが好きな人だが、還暦も過ぎた。配慮は必要だ。

 どっぷり日本の環境で育ったなら、(オヤジ、またか)で済んだかもしれないが、当の女性アナは国際的な家庭環境というから驚いたのだろう。新聞記者だってもはや自由にたばこは吸えない時代だから、素直に謝るしかない。同時代を生きた者として「申し訳ありませんでした」と一緒に頭を下げたい気持ちの隅でこんなことを思い出した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    正反対キャラを演じきる 佐藤健“視聴率40%男”の存在感

  2. 2

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  3. 3

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  4. 4

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  5. 5

    焼肉通いは序章…星野源が狙われる新垣結衣との要塞デート

  6. 6

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  7. 7

    二宮和也はジャニーズの“条件”拒み…伊藤綾子と来年結婚か

  8. 8

    安倍自民がブチあげ「省庁再々編」は国民ダマしの常套手段

  9. 9

    安倍首相が総裁選で獲得 地方票「55%」の怪しいカラクリ

  10. 10

    吉澤ひとみの逮捕で…「元モー娘。」相次ぐ謝罪の違和感

もっと見る