武田薫
著者のコラム一覧
武田薫スポーツライター

1950年、宮城県仙台市出身。74年に報知新聞社に入社し、野球、陸上、テニスを担当、85年からフリー。著書に「オリンピック全大会」「サーブ&ボレーはなぜ消えたのか」「マラソンと日本人」など。

「瀬古ハラ問題」で思ったこと…それでも潔く謝るしかない

公開日: 更新日:

DeNAランニングクラブの瀬古利彦総監督にセクハラ問題があったという。いよいよ何か起きたかと思ったら、大会後の飲食の席で女性アナへの下ネタ話……。故意でなくともダメは、ドーピングと同じである。

 瀬古氏はマラソン日本を象徴する輝かしい実績の持ち主で、いまでも海外の陸上関係者が知る日本選手といえば「キリュウ」でも「タカハシ」でもなく、「ムラコソ」(村社講平)と「セコ」なのだ。まして、現在は日本陸連マラソンリーダーとして2020年の東京オリンピックを代表する立場。酒席を盛り上げるのが好きな人だが、還暦も過ぎた。配慮は必要だ。

 どっぷり日本の環境で育ったなら、(オヤジ、またか)で済んだかもしれないが、当の女性アナは国際的な家庭環境というから驚いたのだろう。新聞記者だってもはや自由にたばこは吸えない時代だから、素直に謝るしかない。同時代を生きた者として「申し訳ありませんでした」と一緒に頭を下げたい気持ちの隅でこんなことを思い出した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    取締役と2度会食 安倍事務所がニューオータニを“口封じ”か

  2. 2

    沢尻エリカの再生に尽力も水泡…“実姉”蜷川実花監督の慟哭

  3. 3

    沢尻エリカ逮捕に長谷川博己の胸中は…事務所担当者が語る

  4. 4

    桜を見る会弁明 立ち話で説明を果たしたなんて誰が思うか

  5. 5

    首相夫人まで私物化 桜を見る会に“聖心同窓会”アッキー枠

  6. 6

    来季FA取得の燕・山田哲 球団はメジャー以上に巨人を警戒

  7. 7

    今度はパワハラ裁判 たけしを悩ます老いらくの恋の“代償”

  8. 8

    プロ意識欠如し誘惑に負け…沢尻エリカと剛力彩芽の共通項

  9. 9

    目的は生産性向上 教育にも入り込んだ新自由主義の危うさ

  10. 10

    政治を私物化した安倍首相殿「もうバイバイ」でどうですか

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る