武田薫
著者のコラム一覧
武田薫スポーツライター

1950年、宮城県仙台市出身。74年に報知新聞社に入社し、野球、陸上、テニスを担当、85年からフリー。著書に「オリンピック全大会」「サーブ&ボレーはなぜ消えたのか」「マラソンと日本人」など。

「瀬古ハラ問題」で思ったこと…それでも潔く謝るしかない

公開日:

DeNAランニングクラブの瀬古利彦総監督にセクハラ問題があったという。いよいよ何か起きたかと思ったら、大会後の飲食の席で女性アナへの下ネタ話……。故意でなくともダメは、ドーピングと同じである。

 瀬古氏はマラソン日本を象徴する輝かしい実績の持ち主で、いまでも海外の陸上関係者が知る日本選手といえば「キリュウ」でも「タカハシ」でもなく、「ムラコソ」(村社講平)と「セコ」なのだ。まして、現在は日本陸連マラソンリーダーとして2020年の東京オリンピックを代表する立場。酒席を盛り上げるのが好きな人だが、還暦も過ぎた。配慮は必要だ。

 どっぷり日本の環境で育ったなら、(オヤジ、またか)で済んだかもしれないが、当の女性アナは国際的な家庭環境というから驚いたのだろう。新聞記者だってもはや自由にたばこは吸えない時代だから、素直に謝るしかない。同時代を生きた者として「申し訳ありませんでした」と一緒に頭を下げたい気持ちの隅でこんなことを思い出した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  2. 2

    したたか仏政府 ルノーとの経営統合要求で日産“強奪”狙い

  3. 3

    警察が運営阻止? 6代目山口組・高山若頭に早くも再逮捕説

  4. 4

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  5. 5

    持ち家派も…定年後は限りなく“住居費負担ゼロ”を目指す

  6. 6

    やっぱり賃金は下がっている 虚飾の政権で沈む日本経済

  7. 7

    英国「合意なきEU離脱」直撃 業績悪化危機の日系企業21社

  8. 8

    虎ファンのヤジもどこ吹く風 阪神ドラ1近本の意外な評判

  9. 9

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

  10. 10

    ケータイ料金節約のコツは「通話が多いか否か」で決める

もっと見る