買春4選手はアジア大会追放 アスリートは海外でハメを外す

公開日:

 開催中のアジア大会(ジャカルタ)で発覚した、男子バスケットボール日本代表の4選手による現地での買春行為。カタール戦で初勝利を挙げた16日の夜に、日本代表公式ウエアを着て歓楽街に繰り出した揚げ句、“客引き”に紹介された飲食店で働く女性を連れ出し、ホテルでコトに及んだ。

 4人は代表認定を取り消され、アジア大会から“追放”。帰国した20日、東京都内で記者会見を開き、佐藤卓磨(23)は「バスケットボールの歴史に傷をつけるようなことをしてしまい、申し訳ない」と謝罪。橋本拓哉(23)は「チームの士気を下げてしまった」と頭を下げた。

 大会前、監督会議で日本選手団の山下泰裕団長が各競技団体を集め、行動規範の順守を口酸っぱく説いた直後だった。前回の仁川大会で日本の競泳選手がカメラを窃盗した事件があっただけに、クギを刺していたという山下団長は「過去の具体的な事例を引用しながら、日本代表の一員としての覚悟・誇りを意識付けてきたつもりだったが、選手に十分伝わっていなかった」とグッタリ。結局、2大会連続で日本選手が不名誉な形で名を残した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  2. 2

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  3. 3

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  4. 4

    参院選まで半年…野党共闘を阻む立憲・枝野代表の背信行為

  5. 5

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  6. 6

    毎勤不正で新疑惑「数値上昇」の発端は麻生大臣の“大号令”

  7. 7

    NGT48メンバー暴行事件を追及 “敏腕ヲタ記者”の評判と執念

  8. 8

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  9. 9

    NGT暴行事件の黒幕か アイドルハンター“Z軍団”の悪辣手口

  10. 10

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

もっと見る