「どんな病気でも 後悔しない死に方」大津秀一著

公開日: 更新日:

 1000人以上の患者をみとってきた終末期医療の専門家が、すべての人に訪れる死に対して、病気別の心構えを説いていく。

 2011年の日本人の死因1位はがんとなっているが、他の病気と異なる利点が、「亡くなるまでの間に、やりたいことが本来できる病気」ということだと本書。がんと分かってから患う期間が何カ月~何年とあるため、治療法の選択次第で自分の人生をまっとうできる疾患なのだ。

 一方、死因4位の脳血管疾患の場合、マヒなどの機能低下が表れ、亡くなるまでの間も行動が制限されることが多い。いったん患うと、自分で治療法を選択することも難しくなる。胃ろうによる栄養治療はするのかなど、健康なうちから意思表示をしておくことが大切だ。
(角川マガジンズ 820円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  2. 2

    GoToトラベル再開で経済効果あり? 適当なことをいうなっ

  3. 3

    出場選手「ワクチン優先接種」実施なら五輪中止のトドメに

  4. 4

    台湾脱線事故で日本の鉄道関係者に衝撃が走ったワケ

  5. 5

    五輪警官宿舎で“48億円ドブ捨て” 第4波備え都民に開放を!

  6. 6

    フミヤ還暦目前で確執決着? チェッカーズ再結成の奇跡も

  7. 7

    小池知事“数字”取れず…竹山が批判の動画も再生回数伸びず

  8. 8

    落合博満さんにこっそり聞いた「守備のポジショニング」

  9. 9

    株式会社TOKIO設立に隠された深い意味 復興を途切らせない

  10. 10

    眞子さまと小室さん描くシナリオ 弁護士合格で年内結婚?

もっと見る

人気キーワード