「どんな病気でも 後悔しない死に方」大津秀一著

公開日:  更新日:

 1000人以上の患者をみとってきた終末期医療の専門家が、すべての人に訪れる死に対して、病気別の心構えを説いていく。

 2011年の日本人の死因1位はがんとなっているが、他の病気と異なる利点が、「亡くなるまでの間に、やりたいことが本来できる病気」ということだと本書。がんと分かってから患う期間が何カ月~何年とあるため、治療法の選択次第で自分の人生をまっとうできる疾患なのだ。

 一方、死因4位の脳血管疾患の場合、マヒなどの機能低下が表れ、亡くなるまでの間も行動が制限されることが多い。いったん患うと、自分で治療法を選択することも難しくなる。胃ろうによる栄養治療はするのかなど、健康なうちから意思表示をしておくことが大切だ。
(角川マガジンズ 820円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    34万「いいね!」 配達員が92歳女性に示した小さな親切

  10. 10

    樹木希林さんも別居婚 民法上の気になること弁護士に聞く

もっと見る