「世界一カンタンな疲れのとり方」植森美緒著

公開日: 更新日:

“気血”の巡りを良くし、疲れを解消するエクササイズを紹介する本書。体の各部位を伸ばす、縮める、緩ませるなどの動作が少ない人は、酸素や栄養を体の隅々にまで運べていないことが考えられる。これによって、目や肩、腰、そして全身に疲れがたまってしまうのだという。

 エクササイズはいたって簡単で、7秒ほど行うだけでいい。目の疲れが気になるなら、思い切りギューッと目をつむり、7秒数えたらパッと見開く。これだけで目の周りの気血が巡り、疲れが解消できるという。

 また、気持ちが疲れていると、全身が緊張してうっ血し、疲れの原因になる。そんなときは、あおむけに寝て、腰だけを左右に7秒間揺らそう。うっ血が解消され、疲れも軽くなるはずだ。
(幻冬舎 952円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    近藤春菜の地上波激減に友近真っ青…大きすぎた反旗の代償

  2. 2

    巨人投壊の犯人は誰?桑田補佐「投げ込み奨励」が目の敵に

  3. 3

    大阪の“二の舞”か5.4万人入院できず…迫る最悪の医療崩壊

  4. 4

    大谷二刀流が意外な不人気の謎解き 報道とファンは対照的

  5. 5

    オリラジ藤森慎吾 “司会1時間1000万円”オファー断った嗅覚

  6. 6

    夏目三久“女子の本懐”と玉の輿 フリーアナ戦線から一抜け

  7. 7

    「リコカツ」永山瑛太の新機軸 守られたい女子急増の予感

  8. 8

    小池都知事が大誤算…「東京五輪中止」ブチ上げの効果消失

  9. 9

    ポスト夏目三久は誰?引退で熾烈な“椅子取りゲーム”が勃発

  10. 10

    菅野の故障で巨人が“腕まくり”引き留めに破格の40億円用意

もっと見る

人気キーワード