「奇跡の脳をつくる食事とサプリメント(上・下)」ジーン・カーパー著、丸元淑生訳

公開日: 更新日:

 発売以来10年以上読まれているロングセラーの文庫化。脳機能を左右する栄養素について詳しく解説している。

 成人の脳では1日に何千、何万もの細胞が死滅し、加齢に伴いそのスピードは加速。老年を迎える頃には最盛期の40%もの脳細胞が失われるといわれてきた。しかし近年では、脳に必要な栄養素をしっかりと取り続けることで、老化を最小限に食い止められることが分かってきた。例えば、トマトに多く含まれるリコペン。ケンタッキー大学の調査によると、1日16.5mgのリコペンを21日間摂取しただけで、血中の抗酸化機能が著しく高まり、脳機能の改善も見られたという。

 記憶力を回復させる葉酸、脳を活性化するセレンなど、脳に効く栄養素のすべてが分かる。
(角川春樹事務所 上巻857円 下巻762円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “安倍1強”に早くも暗雲 参院選の「前哨戦」で自民敗北危機

  2. 2

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  3. 3

    エリカ様は張り込み班に「なに撮ってんだよばかやろう!」

  4. 4

    伝説の麻薬Gメンが指摘 ピエール瀧コカイン常習の“証拠”

  5. 5

    不倫訴訟報道の後藤真希…ブログの私生活も虚像だったのか

  6. 6

    現実から目を背けるために過去を「いじくり廻してゐる」

  7. 7

    京都に“愛の新居”報道…それでも鈴木京香が結婚しない理由

  8. 8

    世界1位奪取にルノー日産が画策?自動車業界大再編の予兆

  9. 9

    記者に華奢な手を差し出し…葉月里緒奈に感じた“魔性の女”

  10. 10

    ロシア紙さえも“詭弁”と評したプーチン大統領の特異解釈

もっと見る