「奇跡の脳をつくる食事とサプリメント(上・下)」ジーン・カーパー著、丸元淑生訳

公開日:  更新日:

 発売以来10年以上読まれているロングセラーの文庫化。脳機能を左右する栄養素について詳しく解説している。

 成人の脳では1日に何千、何万もの細胞が死滅し、加齢に伴いそのスピードは加速。老年を迎える頃には最盛期の40%もの脳細胞が失われるといわれてきた。しかし近年では、脳に必要な栄養素をしっかりと取り続けることで、老化を最小限に食い止められることが分かってきた。例えば、トマトに多く含まれるリコペン。ケンタッキー大学の調査によると、1日16.5mgのリコペンを21日間摂取しただけで、血中の抗酸化機能が著しく高まり、脳機能の改善も見られたという。

 記憶力を回復させる葉酸、脳を活性化するセレンなど、脳に効く栄養素のすべてが分かる。
(角川春樹事務所 上巻857円 下巻762円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  8. 8

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  9. 9

    スワロフスキー7500個「100万円ベビーカー」の乗り心地は

  10. 10

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

もっと見る