「奇跡の脳をつくる食事とサプリメント(上・下)」ジーン・カーパー著、丸元淑生訳

公開日:  更新日:

 発売以来10年以上読まれているロングセラーの文庫化。脳機能を左右する栄養素について詳しく解説している。

 成人の脳では1日に何千、何万もの細胞が死滅し、加齢に伴いそのスピードは加速。老年を迎える頃には最盛期の40%もの脳細胞が失われるといわれてきた。しかし近年では、脳に必要な栄養素をしっかりと取り続けることで、老化を最小限に食い止められることが分かってきた。例えば、トマトに多く含まれるリコペン。ケンタッキー大学の調査によると、1日16.5mgのリコペンを21日間摂取しただけで、血中の抗酸化機能が著しく高まり、脳機能の改善も見られたという。

 記憶力を回復させる葉酸、脳を活性化するセレンなど、脳に効く栄養素のすべてが分かる。
(角川春樹事務所 上巻857円 下巻762円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  5. 5

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    検査入院発表も…二階幹事長は2週間不在で“重病説”急浮上

  10. 10

    安倍内閣の支持率下落 “首相応援団”の世論調査で3カ月連続

もっと見る