• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「流星ひとつ」沢木耕太郎著

<三十数年の時を越えて明かされた藤圭子の真実>

 1979年秋。沢木耕太郎31歳。藤圭子28歳。藤圭子はその直前に、年末のコンサートを最後に芸能界から引退することを発表していた。突然の引退発表に、その原因を巡ってさまざまな臆説が流れていた。数カ月前に藤から「もうやめようと思うんだ」という言葉を聞いた沢木は、「どうして?」という答えを得るために、秋の一夜、藤が好きだというウオツカトニックを飲みながらホテルのバーで彼女の思い出を引き出していく。

 幼い頃の北海道での貧しい生活、浪曲師の両親と一緒に回った各地の興行、スカウトから歌手デビューまで、前川清との結婚と離婚、そして引退を決めた理由……。沢木は、このインタビューを地の文を交えず会話だけで書くという野心的な方法を試み原稿を完成させる。

 しかし当時、本にすることは見送られた。藤の自死を巡り再び臆説が飛び交ったとき、原稿は日の目を見ることに。10年間、流星のように芸能界を駆け抜けてある決意に達した28歳の藤圭子。その生身の声が鮮烈に再現され、三十数年の時を越え、読む者に強く訴えてくる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  4. 4

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  5. 5

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

  6. 6

    カネと欲望がうごめく甲子園 ネット裏“怪情報”<上>

  7. 7

    剛力彩芽へ助言…私生活をSNSにアップする女優は伸びない

  8. 8

    まるで炎上商法 “超人ショー”と化した24時間TVの存在価値

  9. 9

    安倍首相が異例の神社参拝3連発 総裁選に不安で“神頼み”

  10. 10

    剛力は助言無視で再炎上…救えるのはバナナマン日村だけか

もっと見る