「流星ひとつ」沢木耕太郎著

公開日: 更新日:

<三十数年の時を越えて明かされた藤圭子の真実>

 1979年秋。沢木耕太郎31歳。藤圭子28歳。藤圭子はその直前に、年末のコンサートを最後に芸能界から引退することを発表していた。突然の引退発表に、その原因を巡ってさまざまな臆説が流れていた。数カ月前に藤から「もうやめようと思うんだ」という言葉を聞いた沢木は、「どうして?」という答えを得るために、秋の一夜、藤が好きだというウオツカトニックを飲みながらホテルのバーで彼女の思い出を引き出していく。

 幼い頃の北海道での貧しい生活、浪曲師の両親と一緒に回った各地の興行、スカウトから歌手デビューまで、前川清との結婚と離婚、そして引退を決めた理由……。沢木は、このインタビューを地の文を交えず会話だけで書くという野心的な方法を試み原稿を完成させる。

 しかし当時、本にすることは見送られた。藤の自死を巡り再び臆説が飛び交ったとき、原稿は日の目を見ることに。10年間、流星のように芸能界を駆け抜けてある決意に達した28歳の藤圭子。その生身の声が鮮烈に再現され、三十数年の時を越え、読む者に強く訴えてくる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    杏とは“リモート離婚”…東出昌大のイバラ道はまだまだ続く

  2. 2

    安倍首相「逃げ恥作戦」大誤算…G7サミット延期で計画倒れ

  3. 3

    竹内涼真は東出級の反感も…コロナ禍に同棲女優追い出し報

  4. 4

    東京都「ステップ2」に移行 “第2波”危険スポットはどこだ

  5. 5

    Go To Travel“外国人も半額”デマ拡散…大慌て火消しの顛末

  6. 6

    緊急事態延長で深まる親子の溝 東出昌大と重なる父の苦悩

  7. 7

    夜の街から芸能人が消えた…マスコミ「自粛警察化」の功罪

  8. 8

    浪費はないはずなのに…定年後の1年で200万円が消えたナゼ

  9. 9

    フジ謝罪せず “テラハ事件”背景とトレンディー常務の責任

  10. 10

    “満身創痍”ジャニーズ限定ユニットTwenty★Twentyの行く末

もっと見る