「遺伝子も腸の言いなり」藤田紘一郎著

公開日:  更新日:

「脳はバカ、腸はかしこい」などのベストセラーを持つ医師の新刊。がんなどの疾患に遺伝子が与える影響はたったの5%に過ぎず、残りの95%は生活習慣が影響し、その要となるのが腸であると唱えている。

 これは、最新の研究により明らかになってきた「エピジェネティクス(後天的遺伝子制御変化)」による考え方。先天的には同じゲノム(DNA塩基配列)でも、後天的な環境因子でゲノムが変化し、個々の形質が異なるというものだ。長年連れ添った夫婦が似てくるという現象があるが、これも食生活をはじめとする環境因子が影響して起こることなのだという。

 腸に負担をかける糖質やトランス脂肪酸を避けるなど、腸を元気にして遺伝子を変える工夫を伝授する。
(三五館 1200円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    ラグビーW杯決勝が22万円に! 横行するネットダフ屋の実態

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

  10. 10

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

もっと見る