「遺伝子も腸の言いなり」藤田紘一郎著

公開日: 更新日:

「脳はバカ、腸はかしこい」などのベストセラーを持つ医師の新刊。がんなどの疾患に遺伝子が与える影響はたったの5%に過ぎず、残りの95%は生活習慣が影響し、その要となるのが腸であると唱えている。

 これは、最新の研究により明らかになってきた「エピジェネティクス(後天的遺伝子制御変化)」による考え方。先天的には同じゲノム(DNA塩基配列)でも、後天的な環境因子でゲノムが変化し、個々の形質が異なるというものだ。長年連れ添った夫婦が似てくるという現象があるが、これも食生活をはじめとする環境因子が影響して起こることなのだという。

 腸に負担をかける糖質やトランス脂肪酸を避けるなど、腸を元気にして遺伝子を変える工夫を伝授する。
(三五館 1200円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  2. 2

    稲見萌寧の発言は残念…プロは機会があれば海外挑戦すべき

  3. 3

    自民党はまるで「粗忽長屋」死に絶えてしまった政府の知性

  4. 4

    まだやっとったん大阪“見回り隊” 民間委託崩壊で2億円パア

  5. 5

    ぼったくり男爵より危うい 五輪開催に暴走する政府の狙い

  6. 6

    福山雅治はNHK出演も語らず 自身の“家族の物語”は謎だらけ

  7. 7

    眞子さまを早く結婚させてしまいたい官邸と宮内庁の本音

  8. 8

    「第二の松山」発掘は困難 日本ゴルフ界が抱える3つの課題

  9. 9

    愛着薄い? 小池女帝「東京五輪返上」6.1ブチ上げの公算

  10. 10

    維新梅村議員に文通費流用疑惑 公設秘書は殺人未遂で逮捕

もっと見る

人気キーワード