「遺伝子も腸の言いなり」藤田紘一郎著

公開日:  更新日:

「脳はバカ、腸はかしこい」などのベストセラーを持つ医師の新刊。がんなどの疾患に遺伝子が与える影響はたったの5%に過ぎず、残りの95%は生活習慣が影響し、その要となるのが腸であると唱えている。

 これは、最新の研究により明らかになってきた「エピジェネティクス(後天的遺伝子制御変化)」による考え方。先天的には同じゲノム(DNA塩基配列)でも、後天的な環境因子でゲノムが変化し、個々の形質が異なるというものだ。長年連れ添った夫婦が似てくるという現象があるが、これも食生活をはじめとする環境因子が影響して起こることなのだという。

 腸に負担をかける糖質やトランス脂肪酸を避けるなど、腸を元気にして遺伝子を変える工夫を伝授する。
(三五館 1200円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    水道法改正の裏で…民間業者「水を止める」と住民“脅迫”

  3. 3

    今度は雑誌がバカ売れ…女性の圧倒的支持を得た白石麻衣

  4. 4

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

  5. 5

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  6. 6

    偶然なのか…「不適切入試」の医学部はなぜかブラック病院

  7. 7

    4K&8Kテレビの選び方は…両方導入したプロが基礎を解説

  8. 8

    家庭内でも孤立…貴乃花が妻と弟子にした“正座説教”1時間

  9. 9

    専門家が指摘…あおり運転は善良なドライバーもやっている

  10. 10

    上沼恵美子で騒ぐ連中の勉強不足…便乗TVもどうかしている

もっと見る