• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「日本人の8割が知らなかったほんとうの日本史」浮世博史著

<大阪夏の陣「内堀埋め」の真実>

 大坂夏の陣で豊臣軍が敗れたのは、冬の陣の後、徳川が大坂城の外堀だけ埋めるという約束を破って内堀まで埋めたからだといわれる。実は冬の陣後の講和で、徳川方が外堀の埋め立てと三の丸の破壊を、豊臣方が二の丸の破壊を行うと取り決めていた。徳川は豊臣が大坂城を捨てることを期待したのだが、豊臣方は時間稼ぎのために作業を遅らせた。そこで徳川方が手伝うとの名目で二の丸を破壊し内堀まで埋め立てたのだが、それが陰謀だと誤解された。

 他に、宮本武蔵は二刀流ではなかったなど、通説を覆すウンチク本。
(アチーブメント出版 1300円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    前田敦子とスピード婚も…周囲が懸念する勝地涼の女グセ

  2. 2

    石破氏に総裁選勝算あり 地方票を4割取れば安倍首相マッ青

  3. 3

    生き残るのは? 主演の前田敦子と脇役で力つける大島優子

  4. 4

    金足農・吉田輝星を蝕む「登板過多」評論家も将来を危惧

  5. 5

    うつ男性に「一歩ずつ」…シュワちゃん“神対応”に絶賛の嵐

  6. 6

    流した浮名は数知れず 前田敦子&勝地涼“電撃婚”の舞台裏

  7. 7

    キーマンは“任侠”代表 急浮上する山口組3派再統合話の行方

  8. 8

    やはり妊娠?デキ婚でもビクともしない前田敦子の“規格外”

  9. 9

    地元は必死に寄付金集め 金足農“想定外”快進撃の舞台側

  10. 10

    幼児教育無償化のウラに…安倍政権の意地悪な“分断政策”が

もっと見る