「殺さずに済ませたい」大石圭著

公開日:  更新日:

<人形しか愛せない天才作家>

 涼は、街角のショーウインドーで見かけたビスクドール(磁器製人形)に「私たちが生まれる手伝いをしなさい」と啓示を受け、医学生から人形作家に転身。今や、注文が50年先まで埋まっているという人気作家だ。しかし、涼には連続殺人犯というもうひとつの顔があった。人形にしか欲情しない涼は、5年前に自分が作った人形そっくりの娼婦を殺害して屍姦。そのときの快感が忘れられず、犯行を繰り返してきた。被害者はみな彼が作った人形そっくりの美人だった。その衝動を抑え込もうと、今までモデルを使わなかった涼だが、今回はある女性に似せた人形作りに励む。

 天才人形作家を主人公に描く長編サスペンス。
(徳間書店 648円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  8. 8

    唯一トラックマン未導入でも…勝てる広島の「データ戦略」

  9. 9

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  10. 10

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

もっと見る