「殺さずに済ませたい」大石圭著

公開日: 更新日:

<人形しか愛せない天才作家>

 涼は、街角のショーウインドーで見かけたビスクドール(磁器製人形)に「私たちが生まれる手伝いをしなさい」と啓示を受け、医学生から人形作家に転身。今や、注文が50年先まで埋まっているという人気作家だ。しかし、涼には連続殺人犯というもうひとつの顔があった。人形にしか欲情しない涼は、5年前に自分が作った人形そっくりの娼婦を殺害して屍姦。そのときの快感が忘れられず、犯行を繰り返してきた。被害者はみな彼が作った人形そっくりの美人だった。その衝動を抑え込もうと、今までモデルを使わなかった涼だが、今回はある女性に似せた人形作りに励む。

 天才人形作家を主人公に描く長編サスペンス。
(徳間書店 648円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    河井夫妻逮捕ならトドメ 自民で激化「安倍降ろし」の動き

  2. 2

    カタギに女房を寝取られたヤクザが逆上して襲撃する時代

  3. 3

    同志社大教授・浜矩子氏「越を脱して超に入って共生する」

  4. 4

    NEWS手越の厳罰断行 円満退社で一致も滝沢氏の苦しい胸中

  5. 5

    狙い目はリネン 外出自粛明けの春服セールで買うべきもの

  6. 6

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  7. 7

    竹内涼真は東出級の反感も…コロナ禍に同棲女優追い出し報

  8. 8

    杏とは“リモート離婚”…東出昌大のイバラ道はまだまだ続く

  9. 9

    安倍首相「逃げ恥作戦」大誤算…G7サミット延期で計画倒れ

  10. 10

    浪費はないはずなのに…定年後の1年で200万円が消えたナゼ

もっと見る