「殺さずに済ませたい」大石圭著

公開日:  更新日:

<人形しか愛せない天才作家>

 涼は、街角のショーウインドーで見かけたビスクドール(磁器製人形)に「私たちが生まれる手伝いをしなさい」と啓示を受け、医学生から人形作家に転身。今や、注文が50年先まで埋まっているという人気作家だ。しかし、涼には連続殺人犯というもうひとつの顔があった。人形にしか欲情しない涼は、5年前に自分が作った人形そっくりの娼婦を殺害して屍姦。そのときの快感が忘れられず、犯行を繰り返してきた。被害者はみな彼が作った人形そっくりの美人だった。その衝動を抑え込もうと、今までモデルを使わなかった涼だが、今回はある女性に似せた人形作りに励む。

 天才人形作家を主人公に描く長編サスペンス。
(徳間書店 648円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権に財界ソッポ 目玉の「原発輸出」日立凍結で全滅

  2. 2

    「今日俺」人気を陰で支えた“カメレオン俳優”太賀の底力

  3. 3

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  4. 4

    嫌われクロちゃんが一転…キャバ嬢に大人気の意外な理由

  5. 5

    嶋大輔が復活!「今日俺」でのリバイバルに本人びっくり

  6. 6

    和田アキ子の大晦日が“空白” NHK紅白サプライズ出演あるか

  7. 7

    北島三郎復帰に“禁じ手” 平成最後のNHK紅白は無法地帯に

  8. 8

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  9. 9

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

  10. 10

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

もっと見る