「超訳 小説 日米戦争」佐藤優著

公開日: 更新日:

<大正9年刊のSFを超訳出版>

 大正9年に、樋口麗陽が「日米戦争未来記」という小説を出版。本書はそれを著者が現代語に超訳し、現代の国際情勢を視野に入れた解題を加えている。

 20世紀末の某日、日米戦争が勃発。アメリカは日本が侵略国家であるというイメージを広める、という設定で、原作者の樋口は情報戦の重要性を指摘したが、現在の政治家はそれに気づかない。慰安婦問題も先進国は〈人権〉問題としてとらえているのに、臭い物にフタの対応をしていると著者は指摘する。ビジネスマン必読の一冊。
(K&Kプレス 1600円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    阪神藤浪に二軍調整はもう不要…ドラ2伊藤の活躍が追い風

  2. 2

    福山雅治はNHK出演も語らず 自身の“家族の物語”は謎だらけ

  3. 3

    菅田将暉がミスキャスト?「コントが始まる」低迷の元凶

  4. 4

    石田純一は“枕営業”迫られた…衝撃の未遂体験と告白の影響

  5. 5

    ワクチン接種後19人死亡の衝撃 基礎疾患のない26歳女性も

  6. 6

    近藤真彦の非常識発言で明確に…ジャニーズ事務所の課題

  7. 7

    菅田将暉「コントが始まる」低視聴率発進となった理由2つ

  8. 8

    紗栄子は魔性の女…17歳アーティストYOSHIを骨抜きにした

  9. 9

    日本がワクチン後進国になってしまった「3つの理由」

  10. 10

    芸能界で話題もちきり“五輪中止論” たけしがスルーの背景

もっと見る

人気キーワード