「草魚バスターズ」真板昭夫

公開日: 更新日:

<「朽ち果てた史跡の池を蘇らせた13年間の格闘の記録です」>

 京都市右京区にある大覚寺の大沢池に今年、3500本もの美しい蓮の花が咲き誇った。その風景はさながら極楽浄土のようであったというが、かつてこの池は腐敗して異臭を放ち、誰にも見向きもされないありさまだったという。
「私が京都嵯峨芸術大学に赴任した年、大覚寺の執行長であり大学の理事長でもある坂口博翁氏に、こう言われたんです。“水草除去のために『ソウギョ』を入れたが、わずか2年で水草を食い尽くし、今では周囲の木杭も食べ始めている。何とか昔の池の風景を取り戻してもらえないか”。ソウギョさえ捕らえれば済むことと、気安く引き受けたのですが、まさか、その先13年も池と格闘することになるとは夢にも思いませんでした(笑い)」

 本書は、自然文化遺産維持の実践例であり、生態系と外来種に関する問題提起の書でもある。ちなみにソウギョとは、中国原産のコイ科の大型淡水魚で、漢字で草魚と書くように草食性だ。著者は学生らと「草魚バスターズ」を結成し、対処に当たるのだが……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    吉村府知事が“袋叩き”に…大村知事リコール賛同の見当違い

  2. 2

    抗議デモの最中に…シレッとケーキ泥棒の女の動画が人気に

  3. 3

    給付金利権の闇 違法団体だったサ推協と経産省疑惑の人物

  4. 4

    小池氏圧勝に赤信号 都知事選にイケメン対抗馬で無風一変

  5. 5

    河野氏の野暮すぎる変節 ブルーインパルス発案明言で露呈

  6. 6

    コロナ禍で…世界トップレベルの下着モデルが農村でバイト

  7. 7

    シースルー防護服の下は水着…男性患者には「大きな支援」

  8. 8

    一人暮らしをする実母の通い介護で毎月赤字&預金減少に…

  9. 9

    殴られ踏みつけられ…ビートたけしを激撮したカメラマン魂

  10. 10

    “映え写真”のために手伝うフリ…身バレした女性が大炎上

もっと見る