「草魚バスターズ」真板昭夫

公開日:  更新日:

<「朽ち果てた史跡の池を蘇らせた13年間の格闘の記録です」>

 京都市右京区にある大覚寺の大沢池に今年、3500本もの美しい蓮の花が咲き誇った。その風景はさながら極楽浄土のようであったというが、かつてこの池は腐敗して異臭を放ち、誰にも見向きもされないありさまだったという。
「私が京都嵯峨芸術大学に赴任した年、大覚寺の執行長であり大学の理事長でもある坂口博翁氏に、こう言われたんです。“水草除去のために『ソウギョ』を入れたが、わずか2年で水草を食い尽くし、今では周囲の木杭も食べ始めている。何とか昔の池の風景を取り戻してもらえないか”。ソウギョさえ捕らえれば済むことと、気安く引き受けたのですが、まさか、その先13年も池と格闘することになるとは夢にも思いませんでした(笑い)」

 本書は、自然文化遺産維持の実践例であり、生態系と外来種に関する問題提起の書でもある。ちなみにソウギョとは、中国原産のコイ科の大型淡水魚で、漢字で草魚と書くように草食性だ。著者は学生らと「草魚バスターズ」を結成し、対処に当たるのだが……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  5. 5

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  6. 6

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  7. 7

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  10. 10

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

もっと見る