「歯医者のウソ」近藤信也著

公開日: 更新日:

 虫歯は削って治す。歯科医院で当たり前に行われている治療だが、単に虫歯だけ治療しても、すぐにまた虫歯になる可能性が高いという。

 虫歯は骨格構造病に分類され、噛み合わせの悪さから発症することがあると本書。歯を支える骨と、歯の根である歯根の間には、歯根膜というクッションの役割を果たす組織がある。

 これは、物を噛んだときに生じる衝撃から、大切な脳を守るために備わっているものだ。
 しかし、噛み合わせが悪くなり脳に限度を超える衝撃が伝わるようになると、脳を守ろうと歯がぐらつき、結果として虫歯菌が侵食する。

 虫歯の治療と並行して噛み合わせの治療も行わなければ、根本的な解決にはならないと、歯科医師の著者は警告している。
(幻冬舎 840円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    メジャー野球もチクリと イチロー引退会見で露呈した本音

  2. 2

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  3. 3

    「めちゃイケ」終了1年…雛形あきこと鈴木紗理奈の現在地

  4. 4

    作家・吉川潮氏が分析 イチロー引退会見で感じた“不快感”

  5. 5

    竹田JOC会長が仏当局の聴取に「黒塗り」報告書提出のア然

  6. 6

    公私混同で失脚の舛添前都知事 野党で国政復帰の仰天情報

  7. 7

    指導者に興味なしイチローにオリックス「オーナー」就任案

  8. 8

    永野芽郁と本田翼が急伸 2019年"CM女王争い"に異変の兆し

  9. 9

    洪水に襲われた農地に小型冷蔵庫!その中身に全米ホッコリ

  10. 10

    安倍首相が“偽装”の施政方針演説 英訳でも錯覚工作の傲慢

もっと見る