「歯医者のウソ」近藤信也著

公開日:  更新日:

 虫歯は削って治す。歯科医院で当たり前に行われている治療だが、単に虫歯だけ治療しても、すぐにまた虫歯になる可能性が高いという。

 虫歯は骨格構造病に分類され、噛み合わせの悪さから発症することがあると本書。歯を支える骨と、歯の根である歯根の間には、歯根膜というクッションの役割を果たす組織がある。

 これは、物を噛んだときに生じる衝撃から、大切な脳を守るために備わっているものだ。
 しかし、噛み合わせが悪くなり脳に限度を超える衝撃が伝わるようになると、脳を守ろうと歯がぐらつき、結果として虫歯菌が侵食する。

 虫歯の治療と並行して噛み合わせの治療も行わなければ、根本的な解決にはならないと、歯科医師の著者は警告している。
(幻冬舎 840円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  2. 2

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  3. 3

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  4. 4

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  5. 5

    清原の二の舞か…“Vの使者”丸を待つ巨人移籍1年目の大重圧

  6. 6

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  7. 7

    FA丸を筆頭に総額50億円大補強…巨人最大の問題はリリーフ

  8. 8

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  9. 9

    FA炭谷加入で…G小林“正捕手剥奪”で年俸6000万円飼い殺し

  10. 10

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

もっと見る