「断食でがんは治る」鶴見隆史著

公開日:  更新日:

“ホンマかいな”という話だが、酵素医療の第一人者である著者が、断食によるがん治療の仕組みと効果を解説。

 断食ががんに効く理由としては、がん細胞を餓死させ、アポトーシス(自発的な細胞死)に導くことが挙げられるそうな。がん細胞は糖を餌にするといわれており、実際に血糖値が140を超えるとがん細胞が繁殖することが分かっている。断食を行うと、人間の体は糖ではなくケトン体という物質からエネルギーを生み出すが、がん細胞はケトン体を餌にできないため、アポトーシスに向かっていくのだという。

 また、断食で腸が空になると善玉菌が優位になって腸管免疫が高まり、がんを撃退するのに役立つらしい。朝は梅干しとおろし野菜、昼は梅干しとフルーツなど、著者のお薦め断食法も紹介。
(双葉社 819円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  3. 3

    森友問題のキーマン 体調不良を理由に「出廷拒否」の仰天

  4. 4

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  5. 5

    ホクロ除去した宮沢りえ 本当の目的は森田剛との“妊活”か

  6. 6

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  7. 7

    カラオケ番組で「素人」得点…武田鉄矢が画面から消えた?

  8. 8

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  9. 9

    音痴で恥ずかしい…カラオケ下手が目立たない曲の選び方

  10. 10

    奇妙な縁が結んだ梅宮辰夫とロバート秋山の幸福な関係

もっと見る