「断食でがんは治る」鶴見隆史著

公開日:  更新日:

“ホンマかいな”という話だが、酵素医療の第一人者である著者が、断食によるがん治療の仕組みと効果を解説。

 断食ががんに効く理由としては、がん細胞を餓死させ、アポトーシス(自発的な細胞死)に導くことが挙げられるそうな。がん細胞は糖を餌にするといわれており、実際に血糖値が140を超えるとがん細胞が繁殖することが分かっている。断食を行うと、人間の体は糖ではなくケトン体という物質からエネルギーを生み出すが、がん細胞はケトン体を餌にできないため、アポトーシスに向かっていくのだという。

 また、断食で腸が空になると善玉菌が優位になって腸管免疫が高まり、がんを撃退するのに役立つらしい。朝は梅干しとおろし野菜、昼は梅干しとフルーツなど、著者のお薦め断食法も紹介。
(双葉社 819円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  2. 2

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  3. 3

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  4. 4

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  5. 5

    広島対策は“丸投げ”? 巨人スタッフ会議で投打コーチ言及

  6. 6

    常盤貴子「グッドワイフ」上昇のカギは美魔女の輝きと気概

  7. 7

    ドラ1左腕も“被害者”か…岩隈加入で巨人若手が行き場失う

  8. 8

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  9. 9

    巨人は先発6人以外“全員中継ぎ” 勝利の方程式を追加構想

  10. 10

    前JGTO副会長が吐露 男子2試合“消滅”は青木功会長が招いた

もっと見る