「断食でがんは治る」鶴見隆史著

公開日: 更新日:

“ホンマかいな”という話だが、酵素医療の第一人者である著者が、断食によるがん治療の仕組みと効果を解説。

 断食ががんに効く理由としては、がん細胞を餓死させ、アポトーシス(自発的な細胞死)に導くことが挙げられるそうな。がん細胞は糖を餌にするといわれており、実際に血糖値が140を超えるとがん細胞が繁殖することが分かっている。断食を行うと、人間の体は糖ではなくケトン体という物質からエネルギーを生み出すが、がん細胞はケトン体を餌にできないため、アポトーシスに向かっていくのだという。

 また、断食で腸が空になると善玉菌が優位になって腸管免疫が高まり、がんを撃退するのに役立つらしい。朝は梅干しとおろし野菜、昼は梅干しとフルーツなど、著者のお薦め断食法も紹介。
(双葉社 819円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    第2、第3どころか…木下優樹菜引退の裏にいる「4人の男」

  2. 2

    安倍首相の熊本視察にブーイング…惨事便乗“成功体験”崩壊

  3. 3

    中高年コロナ急増…感染拡大は小池知事“ご都合主義”の人災

  4. 4

    織田組長の絆會が近く解散を発表か 山健組の分裂話も浮上

  5. 5

    小池知事がイエスマン優遇 感染症対策のプロ“左遷”で物議

  6. 6

    離婚の噂を直撃のはずが…吉田拓郎の自宅で見た巨人広島戦

  7. 7

    アンジャ渡部建の父が厳命 佐々木希の実家へお詫び行脚

  8. 8

    別居中の杉良太郎を直撃 帰り際「俺はつぶれないから」

  9. 9

    “匂わせ不倫”でさらなる燃料投下 木下優樹菜引退の決定打

  10. 10

    櫻井翔は見えない五輪後にヤキモキ…電通社員の実弟は入籍

もっと見る