『自律神経を整える「あきらめる」健康法』小林弘幸著

公開日: 更新日:

 決してあきらめずに頑張ることが美徳とされている風潮がある。しかし、このような考え方が心身の健康を害することもある。

 あきらめないということは、物事にこだわるということであり、それが実現できないとき悔しさや怒り、悲しみといったストレスに襲われてしまう。すると、自律神経がバランスを崩し、さまざまな不調をもたらすのだ。そこで本書は、あきらめる生き方を推奨する。例えば、期日の迫った仕事があるとする。多くの人は徹夜で頑張ろうとするが、“明日やろう”とあきらめてしまおう。この瞬間、緊張状態から解放された自律神経のバランスが整い、血液循環や呼吸、代謝なども整ってくるそうだ。

 あきらめる勇気を持つことが、健康への第一歩だ。
(KADOKAWA 781円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    自閉症児が飛行機で一人旅…隣席の男性の親切に全米が共感

  2. 2

    脳腫瘍の男児への贈り物と知らず 盗んだ女2人組の涙の謝罪

  3. 3

    安倍首相「韓国叩き」大誤算…関連株下落で日本孤立の一途

  4. 4

    96年11.5差逆転された広島OB 巨人の独走止めるヒント伝授

  5. 5

    東北は依然苦戦…安倍首相「応援演説」激戦区は13勝14敗も

  6. 6

    高年俸の根尾らに食事驕る 広島小園はハングリーが原動力

  7. 7

    チーム内から不満噴出…日ハム栗山監督「長期政権」の弊害

  8. 8

    デラロサも活躍未知数…G“9助っ人に12億円”に他球団が溜息

  9. 9

    東京五輪陸上「日本は世界の笑いモノに」元陸連幹部が警鐘

  10. 10

    ジャニー氏死去で数々の噂 KinKi“解散秒読み”報道は本当か

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る