『自律神経を整える「あきらめる」健康法』小林弘幸著

公開日: 更新日:

 決してあきらめずに頑張ることが美徳とされている風潮がある。しかし、このような考え方が心身の健康を害することもある。

 あきらめないということは、物事にこだわるということであり、それが実現できないとき悔しさや怒り、悲しみといったストレスに襲われてしまう。すると、自律神経がバランスを崩し、さまざまな不調をもたらすのだ。そこで本書は、あきらめる生き方を推奨する。例えば、期日の迫った仕事があるとする。多くの人は徹夜で頑張ろうとするが、“明日やろう”とあきらめてしまおう。この瞬間、緊張状態から解放された自律神経のバランスが整い、血液循環や呼吸、代謝なども整ってくるそうだ。

 あきらめる勇気を持つことが、健康への第一歩だ。
(KADOKAWA 781円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    アンジャ渡部建の父が厳命 佐々木希の実家へお詫び行脚

  2. 2

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  3. 3

    アンジャ渡部の黒すぎる裏の顔 交際女性や後輩が続々暴露

  4. 4

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  5. 5

    実は交際4年?綾瀬はるか「私と結婚しなさい」発言の真意

  6. 6

    綾瀬はるかと交際報道 韓国人俳優ノ・ミヌの気になる素性

  7. 7

    嵐・相葉に流れ弾…渡部建“トイレ不倫”騒動でトバッチリ

  8. 8

    玉川徹だけじゃない コロナ報道で“的を得ている”2人の名前

  9. 9

    会見はムダ…渡部建の芸能界復帰が絶対にあり得ない理由

  10. 10

    コロナ3カ月で抗体減 集団免疫とワクチンは“風前の灯火”か

もっと見る