• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「和食の知られざる世界」辻芳樹著

■異文化の視点で「和食」を考察

 幼いころから父・辻静雄に味覚教育を受け、12歳から海外留学してきた著者が、異文化の視点で「日本人が知らない世界の中の和食」を伝える食の案内書。

 まずは、現在の和食の世界的ブームの背景を探る。年商200億円を超えるという一大チェーン「ノブ」やニューヨークで人気のラーメン店「一風堂」などを例に、異文化の流れの中に入り込むそれぞれの「変換力」に注目。京都のある料理店のご飯と目刺しをメーンディッシュにする「あたり前でありながら特別な」料理など、豊富なエピソードで和食の神髄とは何か、さらにどのようにすれば味覚を磨くことができるのかなどをつづっていく。
(新潮社 720円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    錯乱答弁を連発 テレビ討論でバレた安倍首相の薄っぺらさ

  2. 2

    “被害者”が激白 塚原夫妻の無責任指導とでっち上げの実態

  3. 3

    東京、神奈川、四国…“地方票”石破氏の猛追に安倍陣営焦り

  4. 4

    体操協会なぜ切れず? 塚原夫妻“職務一時停止”本当の目的

  5. 5

    交通遺児に残された亡父の車を競売に…劇的展開に感動の嵐

  6. 6

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  7. 7

    海外では国民が猛反発…「年金改悪」日本だけがやすやすと

  8. 8

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  9. 9

    最下位転落はすぐそこ…DeNAラミ監督の続投に2つの条件

  10. 10

    ラミ監督は窮地…DeNA“横浜回帰”で浮上する次期監督の名前

もっと見る