「和食の知られざる世界」辻芳樹著

公開日:  更新日:

■異文化の視点で「和食」を考察

 幼いころから父・辻静雄に味覚教育を受け、12歳から海外留学してきた著者が、異文化の視点で「日本人が知らない世界の中の和食」を伝える食の案内書。

 まずは、現在の和食の世界的ブームの背景を探る。年商200億円を超えるという一大チェーン「ノブ」やニューヨークで人気のラーメン店「一風堂」などを例に、異文化の流れの中に入り込むそれぞれの「変換力」に注目。京都のある料理店のご飯と目刺しをメーンディッシュにする「あたり前でありながら特別な」料理など、豊富なエピソードで和食の神髄とは何か、さらにどのようにすれば味覚を磨くことができるのかなどをつづっていく。
(新潮社 720円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  2. 2

    第2の加計問題? “漁業潰し”仕掛人は規制改革のメンバー

  3. 3

    巨人マギーの報われない退団 「世代交代」とは遠い実情

  4. 4

    自画自賛が一転…“イッテQ疑惑”対応を誤った日テレの痛恨

  5. 5

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  6. 6

    呆れた安倍内閣 「徳」なし総理の下「徳」なし大臣集まる

  7. 7

    巨人のFA丸獲得は“天敵”広島対策 最強オプションの提示も

  8. 8

    巨人原監督“正捕手起用”の意向…炭谷のFA補強に西武OB警鐘

  9. 9

    原監督は明言も…巨人・岡本「来季三塁構想」の信ぴょう性

  10. 10

    日ハム吉田輝星の原点 「投球フォーム」に託した父の願い

もっと見る