「和食の知られざる世界」辻芳樹著

公開日: 更新日:

■異文化の視点で「和食」を考察

 幼いころから父・辻静雄に味覚教育を受け、12歳から海外留学してきた著者が、異文化の視点で「日本人が知らない世界の中の和食」を伝える食の案内書。

 まずは、現在の和食の世界的ブームの背景を探る。年商200億円を超えるという一大チェーン「ノブ」やニューヨークで人気のラーメン店「一風堂」などを例に、異文化の流れの中に入り込むそれぞれの「変換力」に注目。京都のある料理店のご飯と目刺しをメーンディッシュにする「あたり前でありながら特別な」料理など、豊富なエピソードで和食の神髄とは何か、さらにどのようにすれば味覚を磨くことができるのかなどをつづっていく。
(新潮社 720円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍首相「桜を見る会」で“買収”疑惑 公金私物化の元凶は

  2. 2

    女子プロ随一の人格者・笠りつ子の暴言騒動に「意外」の声

  3. 3

    NHK岩田明子氏 祝賀パレード特番で“安倍総理”連呼の違和感

  4. 4

    前夫の浮気に子育ての苦労…菊池桃子「再婚」までの凸凹道

  5. 5

    モリカケの次は英語民間試験 文教利権貪る「清和会」の罪

  6. 6

    レンタルなんもしない人 森本祥司さん<1>流されて会社員に

  7. 7

    石川秀美が地元誌に語った薬丸との最先端“ハワイ別居”生活

  8. 8

    メジャー挑戦 球界No.1二塁手広島・菊池涼介の意外な評価

  9. 9

    昭恵夫人また非常識露呈「饗宴の儀」に“訪問着”和服で出席

  10. 10

    原監督が大城ベタ褒めで G小林に課せられる“世界一の捕手”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る