「逆境経営」桜井博志著

公開日:  更新日:

■地酒「獺祭」の経営哲学

 著者は、昨年、純米大吟醸の出荷数量で全国トップとなった「獺祭(だっさい)」を造る酒蔵の社長。山口県の山奥の倒産寸前だった会社が、世界20カ国に進出、今春にはパリの一等地に店をオープンさせるまでに成長したその経営法を公開するビジネステキスト。

 1984年、父の急逝で会社を受け継いだ氏は、小さな酒蔵であることを強みにしようと、小規模な仕込みでないと造れない純米大吟醸酒に特化。酒造りを杜氏に任せず、技術情報を自分が集め、それを杜氏に実行させる異例の生産体制の確立を図ったという。一家心中さえも頭をよぎったという苦境をチャンスに変え、獺祭をつくり上げ世界中に広めたその経営哲学に学ぶ。

(ダイヤモンド社 1500円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  5. 5

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    検査入院発表も…二階幹事長は2週間不在で“重病説”急浮上

  10. 10

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

もっと見る