「京都の闇」関裕二著

公開日: 更新日:

■平安京誕生の秘密を読み解く

 弥生時代の終焉と建国事業は、なぜ交通の要衝であり、水の都でもあった京都ではなく、奈良の大和で始まったのか。そして桓武天皇は、なぜ平城京を捨て、長岡京、平安京へと遷都を繰り返したのか。

 九州や出雲、吉備などの西側と近江、東海の東側との勢力争いの構図からその地勢的背景を考察。その勢力争いの影響が後の平安京遷都へとつながったと著者は指摘する。京都の基礎を築いた秦氏と平安京の関係、そして平安京の多くの謎が凝縮されている広隆寺など。

 今もにぎわう観光名所の裏事情を語りながら、平安京誕生の秘密を解き明かし、歴史の深層に迫る古代史読み物。

(講談社 1400円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    桑子と和久田 NHK朝夜メインキャスター異例トレードの成果

  2. 2

    やはり本命の彼女は…櫻井ファンがザワついた衝撃の“逸話”

  3. 3

    4月からTBSアナ 野村萬斎の娘を待ち受けるお局軍団の洗礼

  4. 4

    与野党の医師議員が“アベノマスクの乱” 政権の愚策に決起

  5. 5

    隠れコロナか 東京都で「インフル・肺炎死」急増の不気味

  6. 6

    志村けんさん「芸人運」にかき消された女性運と運命の相手

  7. 7

    コロナ対策の休業補償 あからさまな夜職差別に批判殺到

  8. 8

    加藤綾子リストラ危機…視聴率低迷と交際発覚のWパンチ

  9. 9

    二宮夫人を悩ます 嵐の“活動休止延長”と羽田新飛行ルート

  10. 10

    長女も高級ブランド路線…工藤静香に指摘される“バブル臭”

もっと見る