「京都の闇」関裕二著

公開日: 更新日:

■平安京誕生の秘密を読み解く

 弥生時代の終焉と建国事業は、なぜ交通の要衝であり、水の都でもあった京都ではなく、奈良の大和で始まったのか。そして桓武天皇は、なぜ平城京を捨て、長岡京、平安京へと遷都を繰り返したのか。

 九州や出雲、吉備などの西側と近江、東海の東側との勢力争いの構図からその地勢的背景を考察。その勢力争いの影響が後の平安京遷都へとつながったと著者は指摘する。京都の基礎を築いた秦氏と平安京の関係、そして平安京の多くの謎が凝縮されている広隆寺など。

 今もにぎわう観光名所の裏事情を語りながら、平安京誕生の秘密を解き明かし、歴史の深層に迫る古代史読み物。

(講談社 1400円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    NHK大河「いだてん」大コケでわかった ドラマとは主役次第

  2. 2

    李柄輝氏が語る朝鮮の原則「米国が提案蹴れば行動に移る」

  3. 3

    伝説の麻薬Gメンが指摘 ピエール瀧コカイン常習の“証拠”

  4. 4

    朝から晩までピエール瀧 おかげで安倍悪辣政権が6年安泰

  5. 5

    “黒塗り違法”判決にもダンマリ…財務省の呆れた隠ぺい体質

  6. 6

    フジ月9の“復活”を占う 錦戸亮「トレース」最終回の視聴率

  7. 7

    権勢にしがみつき私情優先 野党結集を邪魔する「新6人衆」

  8. 8

    V候補の星稜は…センバツ初戦「勝つ高校」と「散る高校」

  9. 9

    また偽装発覚…安倍首相が施政方針演説で巧みな“錯覚工作”

  10. 10

    NHKも優遇なし 青山アナに「育休中の給与返せ」批判の誤解

もっと見る