「どぜう屋助七」河治和香著

公開日: 更新日:

■浅草の老舗「駒形どぜう」が舞台

 嘉永7年、黒船の再来で江戸の町が騒然とする中、16歳の伊代は知人の紹介で「駒形のどぜう屋」として知られるドジョウ屋で働き始める。近郊で育った伊代には、浅草で耳目にするものすべてが初めてのことだった。

 働き始めて数日後、巨漢の武士が店でさんざん飲み食いした後、金がないと言い出した。隠居の平蔵らが対応に苦慮していると、普段は店を放りっぱなしの主人の元七がどこからともなく現れ、代金を受け取りに武士についていく。そんな中、伊代を捜して兄の信太郎が店に飛び込んでくる。

 老舗を舞台に、歴史に翻弄されながら店を守る元七と、店に集う人々を描いた人情時代小説。

(実業之日本社 1600円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまは小室家に嫁いで大丈夫?「育ち」を見極める言動

  2. 2

    眞子さま最終手段「一時金」辞退…それでも小室さんは愛を貫ける

  3. 3

    石橋貴明“オワコン老害”が一転 YouTube勝ち組に豹変の戦略

  4. 4

    高橋洋一氏“さざ波”で炎上 エリートほど不用意発言のワケ

  5. 5

    阪神藤浪に二軍調整はもう不要…ドラ2伊藤の活躍が追い風

  6. 6

    菅田将暉がミスキャスト?「コントが始まる」低迷の元凶

  7. 7

    ワクチン大規模接種センター 旅行代理店に業務委託のナゼ

  8. 8

    スギ薬局会長にワクチン優先予約 市が“特別扱い”した理由

  9. 9

    福山雅治はNHK出演も語らず 自身の“家族の物語”は謎だらけ

  10. 10

    紗栄子は魔性の女…17歳アーティストYOSHIを骨抜きにした

もっと見る

人気キーワード