「ゆがみ」を治す!渡辺泉著

公開日: 更新日:

 アゴのゆがみは万病のもとだという。
 左右どちらかの奥歯でばかり食べ物をかむ“片かみグセ”がついていると、アゴの位置が歪んでしまう。アゴが歪むと顔の輪郭も変わり、片側だけ目が垂れたり、シワが深く刻まれたりする。次に、頚椎に負担がかかり、血管が圧迫されて頭痛やめまい、耳鳴りの引き金になる。また、肩や背骨にも歪みが伝わることで自律神経が乱れ、性ホルモンの分泌量が減少するなどさまざまな悪影響が表れるという。

 アゴの歪みは、指3本を縦にして口の中に入るかでチェックできる。2本がやっとならば、歪みはかなり進んでいる証拠だ。本書では、普段かんでいない方の奥歯でガムを3つ一度にかむなど、自分でできる歪み解消法を多数紹介していく。
(さくら舎 1400円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  2. 2

    工藤静香はいい迷惑?渡辺美奈代に絶賛コメント急増のウラ

  3. 3

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  4. 4

    安倍政権「賭けマージャンは賭博罪」過去の閣議決定で墓穴

  5. 5

    軍国主義に協力した「NHK朝ドラ」モデル 自発的隷従の怖さ

  6. 6

    「山崎55年」は300万円 ウイスキー資産価値が高騰の可能性

  7. 7

    黒川氏「訓告」は官邸意向 退職金6700万円は“口止め料”か

  8. 8

    安倍官邸が移行急ぐ「9月入学」レガシーづくりの悪あがき

  9. 9

    検察は結局、黒川氏のスキャンダルを利用して独立を守った

  10. 10

    阪神藤浪に復活の予感 “自虐メール”にメンタル成長の片鱗

もっと見る