「これだけは知っておきたい 認知症Q&A55」丸山敬著

公開日: 更新日:

 アルツハイマー病の研究を続けている医師が、認知症に関する疑問をQ&A形式で答えている。

 認知症といえばアルツハイマー病を連想するが、実はその種類はさまざま。中には、精神疾患として対処される認知症もある。その代表が、ピック病だ。アルツハイマー病は脳細胞内にアミロイドタンパク質が蓄積することが特徴だが、ピック病はピック嗜銀球と呼ばれる銀色に染まりやすい異常な物質が出現する。そして、記憶力などの認知能力が低下する前に、人格の変化が目立つ。激怒しやすくなる、異性に迫る、やたらにはしゃぐなど、人が変わったようになるのが特徴だ。

 65歳以上の10人に1人が認知症になるといわれる時代。もしもの前に、知っておきたい。
(ウェッジ 1400円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    NHK大河「いだてん」大コケでわかった ドラマとは主役次第

  2. 2

    李柄輝氏が語る朝鮮の原則「米国が提案蹴れば行動に移る」

  3. 3

    伝説の麻薬Gメンが指摘 ピエール瀧コカイン常習の“証拠”

  4. 4

    朝から晩までピエール瀧 おかげで安倍悪辣政権が6年安泰

  5. 5

    “黒塗り違法”判決にもダンマリ…財務省の呆れた隠ぺい体質

  6. 6

    私情や保身を優先する愚かさ 野党結集を邪魔する“新6人衆”

  7. 7

    フジ月9の“復活”を占う 錦戸亮「トレース」最終回の視聴率

  8. 8

    V候補の星稜は…センバツ初戦「勝つ高校」と「散る高校」

  9. 9

    また偽装発覚…安倍首相が施政方針演説で巧みな“錯覚工作”

  10. 10

    NHKも優遇なし 青山アナに「育休中の給与返せ」批判の誤解

もっと見る