• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「これだけは知っておきたい 認知症Q&A55」丸山敬著

 アルツハイマー病の研究を続けている医師が、認知症に関する疑問をQ&A形式で答えている。

 認知症といえばアルツハイマー病を連想するが、実はその種類はさまざま。中には、精神疾患として対処される認知症もある。その代表が、ピック病だ。アルツハイマー病は脳細胞内にアミロイドタンパク質が蓄積することが特徴だが、ピック病はピック嗜銀球と呼ばれる銀色に染まりやすい異常な物質が出現する。そして、記憶力などの認知能力が低下する前に、人格の変化が目立つ。激怒しやすくなる、異性に迫る、やたらにはしゃぐなど、人が変わったようになるのが特徴だ。

 65歳以上の10人に1人が認知症になるといわれる時代。もしもの前に、知っておきたい。
(ウェッジ 1400円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  4. 4

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  5. 5

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

  6. 6

    カネと欲望がうごめく甲子園 ネット裏“怪情報”<上>

  7. 7

    剛力彩芽へ助言…私生活をSNSにアップする女優は伸びない

  8. 8

    まるで炎上商法 “超人ショー”と化した24時間TVの存在価値

  9. 9

    安倍首相が異例の神社参拝3連発 総裁選に不安で“神頼み”

  10. 10

    剛力は助言無視で再炎上…救えるのはバナナマン日村だけか

もっと見る