「会社でうつになったとき労働法ができること」所浩代、北岡大介他著

公開日: 更新日:

 サラリーマンがうつになっても、会社を長期間休んだらクビが危ないし、しかも心の病でなんて……と悩むことが多い。そこで本書は、労働法について解説しながら、会社を辞めずに健康を回復して仕事に復帰する方法をアドバイスする。

 体調不良で仕事がままならなくなったとき、上司から「自分から身を引くのが筋じゃないか?」と退職を迫られることがある。退職勧奨を行うこと自体は違法ではないが、それは労働者の自主的な決断を尊重する形で行われなければならず、人格を傷つけるやり方は違法となる。

 裁判所が会社に慰謝料の支払いを命じた例もあるため、もしこのような状況に陥ったら、労働相談を受け付けている専門機関にすぐさま相談しよう。
(旬報社 1300円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    NHK大河「いだてん」大コケでわかった ドラマとは主役次第

  2. 2

    李柄輝氏が語る朝鮮の原則「米国が提案蹴れば行動に移る」

  3. 3

    伝説の麻薬Gメンが指摘 ピエール瀧コカイン常習の“証拠”

  4. 4

    朝から晩までピエール瀧 おかげで安倍悪辣政権が6年安泰

  5. 5

    “黒塗り違法”判決にもダンマリ…財務省の呆れた隠ぺい体質

  6. 6

    フジ月9の“復活”を占う 錦戸亮「トレース」最終回の視聴率

  7. 7

    私情や保身を優先する愚かさ 野党結集を邪魔する“新6人衆”

  8. 8

    V候補の星稜は…センバツ初戦「勝つ高校」と「散る高校」

  9. 9

    また偽装発覚…安倍首相が施政方針演説で巧みな“錯覚工作”

  10. 10

    NHKも優遇なし 青山アナに「育休中の給与返せ」批判の誤解

もっと見る