• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「会社でうつになったとき労働法ができること」所浩代、北岡大介他著

 サラリーマンがうつになっても、会社を長期間休んだらクビが危ないし、しかも心の病でなんて……と悩むことが多い。そこで本書は、労働法について解説しながら、会社を辞めずに健康を回復して仕事に復帰する方法をアドバイスする。

 体調不良で仕事がままならなくなったとき、上司から「自分から身を引くのが筋じゃないか?」と退職を迫られることがある。退職勧奨を行うこと自体は違法ではないが、それは労働者の自主的な決断を尊重する形で行われなければならず、人格を傷つけるやり方は違法となる。

 裁判所が会社に慰謝料の支払いを命じた例もあるため、もしこのような状況に陥ったら、労働相談を受け付けている専門機関にすぐさま相談しよう。
(旬報社 1300円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  4. 4

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  5. 5

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

  6. 6

    カネと欲望がうごめく甲子園 ネット裏“怪情報”<上>

  7. 7

    剛力彩芽へ助言…私生活をSNSにアップする女優は伸びない

  8. 8

    まるで炎上商法 “超人ショー”と化した24時間TVの存在価値

  9. 9

    安倍首相が異例の神社参拝3連発 総裁選に不安で“神頼み”

  10. 10

    剛力は助言無視で再炎上…救えるのはバナナマン日村だけか

もっと見る