「会社でうつになったとき労働法ができること」所浩代、北岡大介他著

公開日:  更新日:

 サラリーマンがうつになっても、会社を長期間休んだらクビが危ないし、しかも心の病でなんて……と悩むことが多い。そこで本書は、労働法について解説しながら、会社を辞めずに健康を回復して仕事に復帰する方法をアドバイスする。

 体調不良で仕事がままならなくなったとき、上司から「自分から身を引くのが筋じゃないか?」と退職を迫られることがある。退職勧奨を行うこと自体は違法ではないが、それは労働者の自主的な決断を尊重する形で行われなければならず、人格を傷つけるやり方は違法となる。

 裁判所が会社に慰謝料の支払いを命じた例もあるため、もしこのような状況に陥ったら、労働相談を受け付けている専門機関にすぐさま相談しよう。
(旬報社 1300円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    妊娠を“計画”発表…前田敦子「デキ婚」かたくな否定のウラ

  10. 10

    樹木希林さんも別居婚 民法上の気になること弁護士に聞く

もっと見る