「蔦重の教え」車浮代氏

公開日: 更新日:

■「浮世絵を世に送り出した江戸の名プロデューサー蔦屋重三郎の物語です」

 日本が世界に誇る「浮世絵」。歌麿や写楽など、日本以上に海外で高く評価される絵師も多い。

「浮世絵を語るとき、絶対に欠くことのできない人物がいます。彼の名は蔦屋重三郎。通称“蔦重”は、多くの浮世絵版画を世に出した版元であり、歌麿や写楽を生み育てた江戸の“名プロデューサー”です。もし彼の存在がなかったら、浮世絵がこれほどまでに広まっていたかどうか。浮世絵を研究してきた私自身、20年以上前から彼に魅せられ、いつか小説を書きたいと構想を練ってきました」

■タイムスリップして蔦重と出会う

 本書は、著者が初めて手掛けた長編時代小説だが、物語の始まりが実にユニーク。時は現代で、会社から依願退職を強要された55歳の武村竹男が主人公だ。近頃は糖尿病を患い、食事制限の毎日。なのに女房は、フランスに嫁いだひとり娘の元から2カ月も帰ってこない。やけを起こしてしたたか酔い、稲荷神社の鳥居に立ちションしながら、「やり直してぇなぁ!」と叫んだ武村は次の瞬間、江戸時代にタイムスリップしてしまうのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    任侠山口組が組長制に 40数名が織田代表と親子盃、舎弟盃

  2. 2

    統一地方選で2ケタ議席「N国党」と「幸福党」大躍進のナゼ

  3. 3

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  4. 4

    お笑い文化台無し!安倍首相の吉本新喜劇出演に府民大激怒

  5. 5

    開幕5カード全負け越し“投壊”広島が再建託す2人の秘密兵器

  6. 6

    マラソン大迫傑が牙をむいた日本陸連の「本音」と「忖度」

  7. 7

    「失われた10年」を「30年」に拡大させた戦後の無責任体制

  8. 8

    就職戦線“買い手市場”に激変 新卒採用は氷河期に向かう

  9. 9

    ジャニーズ頼みは厳しい?ドラマ視聴率と主題歌の相反関係

  10. 10

    衆院沖縄3区補選 屋良朝博氏の勝利に敢えて水を差す

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る