「蔦重の教え」車浮代氏

公開日:  更新日:

■「浮世絵を世に送り出した江戸の名プロデューサー蔦屋重三郎の物語です」

 日本が世界に誇る「浮世絵」。歌麿や写楽など、日本以上に海外で高く評価される絵師も多い。

「浮世絵を語るとき、絶対に欠くことのできない人物がいます。彼の名は蔦屋重三郎。通称“蔦重”は、多くの浮世絵版画を世に出した版元であり、歌麿や写楽を生み育てた江戸の“名プロデューサー”です。もし彼の存在がなかったら、浮世絵がこれほどまでに広まっていたかどうか。浮世絵を研究してきた私自身、20年以上前から彼に魅せられ、いつか小説を書きたいと構想を練ってきました」

■タイムスリップして蔦重と出会う

 本書は、著者が初めて手掛けた長編時代小説だが、物語の始まりが実にユニーク。時は現代で、会社から依願退職を強要された55歳の武村竹男が主人公だ。近頃は糖尿病を患い、食事制限の毎日。なのに女房は、フランスに嫁いだひとり娘の元から2カ月も帰ってこない。やけを起こしてしたたか酔い、稲荷神社の鳥居に立ちションしながら、「やり直してぇなぁ!」と叫んだ武村は次の瞬間、江戸時代にタイムスリップしてしまうのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  2. 2

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  3. 3

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  4. 4

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  5. 5

    動くとビキニが…水原希子“透け映えコーデ”に会場クギづけ

  6. 6

    石崎ひゅーいとは破局か “共演者キラー”蒼井優の次の相手

  7. 7

    後輩芸人と絶縁宣言で浮き彫りに JOYとユージの好感度の差

  8. 8

    日産は会長人事見送り…ルノーに逆らえずクーデター大失敗

  9. 9

    「THE W」優勝 阿佐ヶ谷姉妹より受けていたのは滝沢カレン

  10. 10

    実は辺野古反対派 昭恵夫人「海を守りたい」思いはどこへ

もっと見る