「カラダ・プロファイリング」おのころ心平著

公開日: 更新日:

 両腕を組んだとき、上になるのは左右どちらの腕か。あるいは、顔を正面に向けたまま目だけ動かすとき、動かしやすいのは左右のどちらだろう。これら動作のクセには、その人本来の性質や能力のヒントが隠されているのだという。

 本書では、カラダ・プロファイラーとして2万人以上と接してきた著者が、さまざまな動作から分かる特徴を解説していく。組んだ腕の右が上になる人は、分析的で理論派の思考表現タイプ。左が上の人は情緒派で会話力が高い傾向にあるという。また、目を右に動かしやすい人は好奇心旺盛な芸術家肌。左の人は文章読解力に優れるが会話は苦手なタイプが多いという。自分のタイプが分かると、適した仕事や人間関係もみえてきそうだ。
(集英社 1200円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    桜を見る会前夜 安倍事務所とニューオータニに裏取引疑惑

  2. 2

    山口ポスティングでメジャー移籍へ 巨人初容認4つの裏事情

  3. 3

    芦田愛菜は大絶賛も…“着物姿”を比べられた神田うのの悲哀

  4. 4

    「桜を見る会」問題 国会では真相の究明のみ全力を尽くせ

  5. 5

    ソフトバンク1位・佐藤直樹 ドラフト当日に上がった悲鳴

  6. 6

    美馬に続き鈴木にもフラれ…巨人FA2連敗が“怪我の功名”に

  7. 7

    巨人1位・堀田賢慎 花巻東出身の父が青森山田進学に後押し

  8. 8

    新制度開始直前 前代未聞だった「全高長」の導入延期要請

  9. 9

    経済を揺るがす関電問題&前厚労政務官口利き疑惑も追及を

  10. 10

    ジョセフHC契約延長も…ラグビー日本は守備コーチ残留せず

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る