「患者力のすすめ」川嶋朗著

公開日:  更新日:

 日本人1人当たりの年間受診回数は13.2回。対して、イギリスは5.0回、アメリカが3.9回など、日本人はとりわけ頻繁に病院に行く国民だ。

 背景には、誰でも気軽に医者にかかれる国民皆保険の存在がある。

 しかし、“すぐに医師に診てもらえる”という環境で、日本人は自分の体や治療法に対する主体性をなくしているのではないだろうか。

 そこで大切になるのが、知る力、見抜く力、自己決定力、自己治癒力、往生力という5つの“患者力”を磨くことだと本書。風邪に抗生物質は無意味、かかりつけ医は家からの近さで選んではいけない、治療方針は医師ではなく家族と決める、QOD(死の質)を考えるなど、悔いのない人生を送るためのヒントを提供していく。
(幻冬舎ルネッサンス 1100円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

  3. 3

    実はボンボン 桜田大臣“大工あがりの叩き上げ”は経歴詐称

  4. 4

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  5. 5

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  6. 6

    ロッテに対抗し青天井 巨人がFA丸に5年35億~40億円の狂気

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  9. 9

    FA浅村の楽天入り決定 ソフトBは“赤っ恥”で来季へ遺恨残す

  10. 10

    倉科カナが三くだり半…竹野内豊“結婚しない男”の罪深さ

もっと見る