• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「患者力のすすめ」川嶋朗著

 日本人1人当たりの年間受診回数は13.2回。対して、イギリスは5.0回、アメリカが3.9回など、日本人はとりわけ頻繁に病院に行く国民だ。

 背景には、誰でも気軽に医者にかかれる国民皆保険の存在がある。

 しかし、“すぐに医師に診てもらえる”という環境で、日本人は自分の体や治療法に対する主体性をなくしているのではないだろうか。

 そこで大切になるのが、知る力、見抜く力、自己決定力、自己治癒力、往生力という5つの“患者力”を磨くことだと本書。風邪に抗生物質は無意味、かかりつけ医は家からの近さで選んではいけない、治療方針は医師ではなく家族と決める、QOD(死の質)を考えるなど、悔いのない人生を送るためのヒントを提供していく。
(幻冬舎ルネッサンス 1100円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    中居正広“ジャニーズ残留”決定か…ウラに野望とカネと打算

  2. 2

    静香次女コウキ ファッション業界で囁かれる“本当の実力”

  3. 3

    キムタク低迷と次女デビューで…動き出した工藤静香の狙い

  4. 4

    無策の安倍首相を尻目に…本田圭佑「電撃訪朝」急浮上

  5. 5

    竹内涼真vs手越祐也 明暗分かれたサッカーW杯キャスター評

  6. 6

    フジの中居MC計画潰した 「徹子の部屋」は元の放送時間へ

  7. 7

    強豪私学が相次ぎ予選敗退…公立高校が全国で“逆襲”のワケ

  8. 8

    90年代はやりたい放題だった…とんねるずへのノスタルジー

  9. 9

    結婚を前提に交際中…高畑充希を両親に紹介した坂口健太郎

  10. 10

    最近目立つ暴力事件より高校野球で根深いのは“たばこ問題”

もっと見る