「患者力のすすめ」川嶋朗著

公開日: 更新日:

 日本人1人当たりの年間受診回数は13.2回。対して、イギリスは5.0回、アメリカが3.9回など、日本人はとりわけ頻繁に病院に行く国民だ。

 背景には、誰でも気軽に医者にかかれる国民皆保険の存在がある。

 しかし、“すぐに医師に診てもらえる”という環境で、日本人は自分の体や治療法に対する主体性をなくしているのではないだろうか。

 そこで大切になるのが、知る力、見抜く力、自己決定力、自己治癒力、往生力という5つの“患者力”を磨くことだと本書。風邪に抗生物質は無意味、かかりつけ医は家からの近さで選んではいけない、治療方針は医師ではなく家族と決める、QOD(死の質)を考えるなど、悔いのない人生を送るためのヒントを提供していく。
(幻冬舎ルネッサンス 1100円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    亡き“パパ”の古い携帯番号に4年間報告し続けたら返信が!

  2. 2

    安倍首相また疑惑 18年「桜を見る会」で総裁3選“支持固め”

  3. 3

    嵐・二宮和也 “匂わせ彼女”伊藤綾子と入籍した男の決断

  4. 4

    「ママがキスをせず出かけた!」2歳児の抗議が可愛すぎる

  5. 5

    元ヤン公表が裏目…木下優樹菜は“現役ヤンキー”発覚で窮地

  6. 6

    1位は矢沢永吉の7万円 芸能人ディナーショー戦線異状アリ

  7. 7

    優樹菜脱落…新ママタレ戦線のダークホースは“無臭”コンビ

  8. 8

    残留も視野って…筒香、菊池、秋山の低すぎる米挑戦への志

  9. 9

    矢沢永吉“大物の証し” 批判メールに堂々と反論できた背景

  10. 10

    完全アウトな国家の私物化 安倍政権は桜を見る会で詰んだ

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る