「ちゃんと知りたい大人の発達障害がわかる本」備瀬哲弘監修

公開日:  更新日:

 かつては子供特有の障害と思われてきた発達障害。しかし近年、成人以降にその症状に気づく“大人の発達障害”が注目されている。

 発達障害にはいくつかの種類があるが、生まれながらの脳機能障害であり、行動・思考・感覚の偏りが主な症状だ。例えば、広汎性発達障害では、社会常識やマナーに関心が薄く、他人の気持ちを想像できないという特徴が見られる。親を亡くしたばかりの友人に、「医療費は高かったの?」「遺産はどうするの?」など、時と場にそぐわない話をしてしまい、しかし何がいけないのかが理解できない。“空気が読めない”では済まされない症状だ。

 本書では、大人の発達障害について解説しながら、治療や生活上の工夫についても述べていく。
(洋泉社 1200円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

  3. 3

    実はボンボン 桜田大臣“大工あがりの叩き上げ”は経歴詐称

  4. 4

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  5. 5

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  6. 6

    ロッテに対抗し青天井 巨人がFA丸に5年35億~40億円の狂気

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  9. 9

    FA浅村の楽天入り決定 ソフトBは“赤っ恥”で来季へ遺恨残す

  10. 10

    逮捕飛び火の小池知事 “ゴーンイズム”心酔アピールの過去

もっと見る