「病気を治す!命の新・野菜スープ」高橋弘監修

公開日:  更新日:

 がんを予防するとして注目される「ファイトケミカル」は、“第7の栄養素”とも呼ばれ、野菜にたっぷりと含まれている。老化を防ぐ抗酸化作用や、免疫力強化作用も期待され、健康長寿のためには積極的に取りたい成分だ。しかし、毎日野菜を大量に食べるのは難しい。そこで本書が勧めるのが、野菜スープだ。

 基本の材料は、キャベツ、カボチャ、タマネギ、ニンジンの4種類。調味料を一切使わず煮込み、ファイトケミカルが溶け出したスープを1日600ミリリットル飲むのが望ましいという。野菜のだしだけで十分おいしいが、ネギやサンショウ、青ジソなどで風味づけして飲むのもいい。他にも、シイタケ、ゴボウ、トマトなどを使ったアレンジスープのレシピも紹介する。(宝島社 648円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  4. 4

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

  7. 7

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  8. 8

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  9. 9

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  10. 10

    “猫の目”打線にも順応 ソフトB中村は打順を選ばぬ仕事人

もっと見る