「病気を治す!命の新・野菜スープ」高橋弘監修

公開日: 更新日:

 がんを予防するとして注目される「ファイトケミカル」は、“第7の栄養素”とも呼ばれ、野菜にたっぷりと含まれている。老化を防ぐ抗酸化作用や、免疫力強化作用も期待され、健康長寿のためには積極的に取りたい成分だ。しかし、毎日野菜を大量に食べるのは難しい。そこで本書が勧めるのが、野菜スープだ。

 基本の材料は、キャベツ、カボチャ、タマネギ、ニンジンの4種類。調味料を一切使わず煮込み、ファイトケミカルが溶け出したスープを1日600ミリリットル飲むのが望ましいという。野菜のだしだけで十分おいしいが、ネギやサンショウ、青ジソなどで風味づけして飲むのもいい。他にも、シイタケ、ゴボウ、トマトなどを使ったアレンジスープのレシピも紹介する。(宝島社 648円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    宮崎美子“61歳ピカピカ”ビキニ…美魔女ナイスバディなぜ?

  2. 2

    沢田研二に不倫と別居説…自宅周辺の聞き込みは即バレした

  3. 3

    嵐・二宮和也に訪れた倦怠期の兆し…“帰宅拒否症”疑惑も

  4. 4

    東海大野球部「大麻使用」で激震 巨人原監督に再建託すSOS

  5. 5

    甥っ子がフジテレビ退社 囁かれる“安倍引退”のタイミング

  6. 6

    高級ブランドに匹敵 ワークマンが出してきた本気の機能服

  7. 7

    「鬼滅の刃」実写化なら炭治郎は誰が? 浮上する6人の俳優

  8. 8

    “奇跡の61歳”宮崎美子 カレンダー予約殺到で「鬼滅」超え

  9. 9

    再燃する矢野降ろし…岡田氏再登板を後押しする阪神の忖度

  10. 10

    今度は福留が退団 功労者を冷遇する阪神と矢野監督の愚行

もっと見る

人気キーワード