『あたなの1日を3時間増やす「超整理術」』高嶋美里著

公開日:  更新日:

 仕事が忙しく自分の時間がない。やりたいことができない。そんな人が時間のムダを減らし、忙しさから解放されるためのメソッドを、14日間のプログラムで紹介している。
 1日目はデスク回りの整理。デスクワークに必要なモノを20種類に絞り、それ以外は処分する。2日目は書類の整理。書類の分類そのものが仕事の整理につながる。3日目は書類のデータ化。名刺もスキャンしてデータ化し、身の回りから紙を極力減らす。4日目はGoogleカレンダーでやるべきことの時間割を作成。5日目はいつでもどこでも仕事ができるように、仕事のデータを全てクラウド化。

 という具合に身の回りの整理、情報の整理を行い、それを習慣化すれば頭の中が整理され、仕事がどんどん速くなる。1日3時間、自分の時間を生み出せる、というわけだ。

 著者は双子を育てながらインターネットを駆使して年商3億円を売り上げているというすごい女性。子どものころから時間の使い方に工夫を重ね、勉強も仕事も魔法使いに見えるほど速いという。そのノウハウを集大成した14日間のプログラムを実行すれば、「いつも忙しい」から脱皮できるかもしれない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  2. 2

    小橋健太さんが明かす 先輩レスラーたちの凄まじい飲み方

  3. 3

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  4. 4

    フジ月9「SUITS」 視聴率“2ケタ死守”ほぼ確定も残る不安

  5. 5

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  6. 6

    数字残して当たり前…阪神FA西に浴びせられるドギツい洗礼

  7. 7

    月9「SUITS」で高評価 鈴木保奈美の豪華衣装と着こなし方

  8. 8

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

  9. 9

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  10. 10

    掛布氏と岡田氏は会話せず…阪神OB会に漂った微妙な空気

もっと見る