「日本うなぎ検定」塚本勝巳、黒木真理著

公開日: 更新日:

■万葉集にも登場するスタミナ食「うなぎ」の雑学

 日本人にこよなく愛されてきた“ニホンウナギ”が今、環境省のレッドリストに指定され、絶滅の危機にある。

 これからもうまいうなぎが食べ続けられるよう、まずはうなぎという生き物について知り、うなぎと上手に付き合っていく道を探る必要がある。塚本勝巳、黒木真理著「日本うなぎ検定」(小学館 1500円)では、食文化や歴史、生態など、うなぎにまつわるあらゆる情報をクイズ仕立てで紹介している。

 土用丑の日がうなぎを食べる日になったのは、江戸時代の発明家・平賀源内がうなぎ屋の宣伝文句を考案したことに始まるとされるのは有名な話。では、日本人がうなぎを食べ始めたのはいつ頃からか。答えは何と、縄文時代。北海道から東京、鹿児島に至る数多くの縄文遺跡から、うなぎの上顎の骨や脊椎が出土しているのだという。日本人のうなぎ好きには、長い歴史があるわけだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    上白石人気は萌歌→萌音に…女優姉妹で“逆転現象”のナゼ?

  2. 2

    森七菜にチラつくステージママの影 囁かれる開店休業危機

  3. 3

    上白石萌音「ボス恋」に有名映画と酷似の声…どう跳ね返す

  4. 4

    桜疑惑で安倍前首相に致命的弱点 “虚偽答弁”を見過ごすな

  5. 5

    囁かれる「菅首相退陣」シナリオ 二階幹事長が見捨てる時

  6. 6

    菅首相が公邸に呼んだ医師が話題 コロナ対策持論に弊害も

  7. 7

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  8. 8

    橋本環奈が辿る剛力彩芽と同じ道 USEN宇野会長と親密報道

  9. 9

    不祥事連発ジャニーズJr. “22歳活動終了制度”導入の波紋

  10. 10

    森七菜「電撃移籍」の真相 “恩人の死”引き金で実母が暗躍

もっと見る

人気キーワード