• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「日本うなぎ検定」塚本勝巳、黒木真理著

■万葉集にも登場するスタミナ食「うなぎ」の雑学

 日本人にこよなく愛されてきた“ニホンウナギ”が今、環境省のレッドリストに指定され、絶滅の危機にある。

 これからもうまいうなぎが食べ続けられるよう、まずはうなぎという生き物について知り、うなぎと上手に付き合っていく道を探る必要がある。塚本勝巳、黒木真理著「日本うなぎ検定」(小学館 1500円)では、食文化や歴史、生態など、うなぎにまつわるあらゆる情報をクイズ仕立てで紹介している。

 土用丑の日がうなぎを食べる日になったのは、江戸時代の発明家・平賀源内がうなぎ屋の宣伝文句を考案したことに始まるとされるのは有名な話。では、日本人がうなぎを食べ始めたのはいつ頃からか。答えは何と、縄文時代。北海道から東京、鹿児島に至る数多くの縄文遺跡から、うなぎの上顎の骨や脊椎が出土しているのだという。日本人のうなぎ好きには、長い歴史があるわけだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  2. 2

    正反対キャラを演じきる 佐藤健“視聴率40%男”の存在感

  3. 3

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  4. 4

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  5. 5

    焼肉通いは序章…星野源が狙われる新垣結衣との要塞デート

  6. 6

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  7. 7

    二宮和也はジャニーズの“条件”拒み…伊藤綾子と来年結婚か

  8. 8

    安倍自民がブチあげ「省庁再々編」は国民ダマしの常套手段

  9. 9

    安倍首相が総裁選で獲得 地方票「55%」の怪しいカラクリ

  10. 10

    吉澤ひとみの逮捕で…「元モー娘。」相次ぐ謝罪の違和感

もっと見る