「ミツバチ大量死は警告する」岡田幹治著

公開日:  更新日:

■「“原発ムラ”と同じように“農薬ムラ”が存在します」

「きっかけは、2009年、ミツバチの大量死で、イチゴやメロンの受粉ができずに園芸農家が困ったというニュースでした。調べていくと、ミツバチがいないと農業も自然も成り立たないこと、神経が発達しているハチはわずかな環境変化にも反応するので、危険性を知らせてくれる存在だとわかりました」

 アメリカやヨーロッパでもミツバチの大量消失が続いた。原因は複合的だが、ネオニコチノイド系(以下、ネオニコ系)という新タイプの農薬が影響しているようだ。
「昔の有機リン系の農薬は、散布するとき吸い込んだ農家の人が体調を壊しました。それでは困るということで開発されたのがネオニコ系農薬です。効果も大きく使いやすいのが特徴で、とくに高齢の農業者に便利なんです」

 害虫に長く効く利点は、裏返せば毒性が長く残留するということだ。使用回数は減るので「特別栽培農産物」として「化学合成農薬の使用回数が半分」と低農薬のイメージで売ることもできる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  2. 2

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

  5. 5

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  6. 6

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  7. 7

    「外交の安倍」どころか疫病神 日露、日韓、日米の無残

  8. 8

    経団連会長が転換 「原発どんどん再稼働」に飛び交う憶測

  9. 9

    次女コウキのデビュー遠因か…父・木村拓哉が漏らした本音

  10. 10

    小規模・家族経営を潰す安倍政権の時代錯誤な“新自由主義”

もっと見る