「ミツバチ大量死は警告する」岡田幹治著

公開日: 更新日:

■「“原発ムラ”と同じように“農薬ムラ”が存在します」

「きっかけは、2009年、ミツバチの大量死で、イチゴやメロンの受粉ができずに園芸農家が困ったというニュースでした。調べていくと、ミツバチがいないと農業も自然も成り立たないこと、神経が発達しているハチはわずかな環境変化にも反応するので、危険性を知らせてくれる存在だとわかりました」

 アメリカやヨーロッパでもミツバチの大量消失が続いた。原因は複合的だが、ネオニコチノイド系(以下、ネオニコ系)という新タイプの農薬が影響しているようだ。
「昔の有機リン系の農薬は、散布するとき吸い込んだ農家の人が体調を壊しました。それでは困るということで開発されたのがネオニコ系農薬です。効果も大きく使いやすいのが特徴で、とくに高齢の農業者に便利なんです」

 害虫に長く効く利点は、裏返せば毒性が長く残留するということだ。使用回数は減るので「特別栽培農産物」として「化学合成農薬の使用回数が半分」と低農薬のイメージで売ることもできる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    上白石人気は萌歌→萌音に…女優姉妹で“逆転現象”のナゼ?

  2. 2

    森七菜にチラつくステージママの影 囁かれる開店休業危機

  3. 3

    上白石萌音「ボス恋」に有名映画と酷似の声…どう跳ね返す

  4. 4

    桜疑惑で安倍前首相に致命的弱点 “虚偽答弁”を見過ごすな

  5. 5

    囁かれる「菅首相退陣」シナリオ 二階幹事長が見捨てる時

  6. 6

    菅首相が公邸に呼んだ医師が話題 コロナ対策持論に弊害も

  7. 7

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  8. 8

    橋本環奈が辿る剛力彩芽と同じ道 USEN宇野会長と親密報道

  9. 9

    不祥事連発ジャニーズJr. “22歳活動終了制度”導入の波紋

  10. 10

    森七菜「電撃移籍」の真相 “恩人の死”引き金で実母が暗躍

もっと見る

人気キーワード