「ミツバチ大量死は警告する」岡田幹治著

公開日:  更新日:

■「“原発ムラ”と同じように“農薬ムラ”が存在します」

「きっかけは、2009年、ミツバチの大量死で、イチゴやメロンの受粉ができずに園芸農家が困ったというニュースでした。調べていくと、ミツバチがいないと農業も自然も成り立たないこと、神経が発達しているハチはわずかな環境変化にも反応するので、危険性を知らせてくれる存在だとわかりました」

 アメリカやヨーロッパでもミツバチの大量消失が続いた。原因は複合的だが、ネオニコチノイド系(以下、ネオニコ系)という新タイプの農薬が影響しているようだ。
「昔の有機リン系の農薬は、散布するとき吸い込んだ農家の人が体調を壊しました。それでは困るということで開発されたのがネオニコ系農薬です。効果も大きく使いやすいのが特徴で、とくに高齢の農業者に便利なんです」

 害虫に長く効く利点は、裏返せば毒性が長く残留するということだ。使用回数は減るので「特別栽培農産物」として「化学合成農薬の使用回数が半分」と低農薬のイメージで売ることもできる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

  2. 2

    実はボンボン 桜田大臣“大工あがりの叩き上げ”は経歴詐称

  3. 3

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  4. 4

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  5. 5

    ロッテに対抗し青天井 巨人がFA丸に5年35億~40億円の狂気

  6. 6

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  9. 9

    倉科カナが三くだり半…竹野内豊“結婚しない男”の罪深さ

  10. 10

    “PC打てない”桜田大臣 ツイッターで大島優子フォローの謎

もっと見る