「獅子の門 鬼神編」夢枕獏著

公開日:  更新日:

■格闘群像劇シリーズ完結編

 武林館の館長・赤石文三が主催する総合格闘技のトーナメントが開催される。出場者の柔道家・鳴海俊男の控室に、鹿久間源のセコンドを務める久我重明が姿を現す。羽柴彦六に会いにきたのだ。彦六は、久我から試合後に話があると告げられる。急きょ、ワンデーで行われることになった大会は、準決勝へと進み、鹿久間は優勝候補の麻生を粉砕したブラジリアン柔術のマリオと戦うことに。しかし、リングに向かうマリオの前にトーナメントを勝ち進みながらドクターストップでリタイアした赤石の息子で空手家の元一が立ちはだかる。

 執筆開始から30年、ついに雌雄を決する羽柴と久我の戦いを描くシリーズ完結編。
(光文社 940円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  2. 2

    小橋健太さんが明かす 先輩レスラーたちの凄まじい飲み方

  3. 3

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  4. 4

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  5. 5

    フジ月9「SUITS」 視聴率“2ケタ死守”ほぼ確定も残る不安

  6. 6

    数字残して当たり前…阪神FA西に浴びせられるドギツい洗礼

  7. 7

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

  8. 8

    巨額税収減に負け惜しみ連発…小池知事がさらけ出した無能

  9. 9

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  10. 10

    月9「SUITS」で高評価 鈴木保奈美の豪華衣装と着こなし方

もっと見る