「獅子の門 鬼神編」夢枕獏著

公開日:  更新日:

■格闘群像劇シリーズ完結編

 武林館の館長・赤石文三が主催する総合格闘技のトーナメントが開催される。出場者の柔道家・鳴海俊男の控室に、鹿久間源のセコンドを務める久我重明が姿を現す。羽柴彦六に会いにきたのだ。彦六は、久我から試合後に話があると告げられる。急きょ、ワンデーで行われることになった大会は、準決勝へと進み、鹿久間は優勝候補の麻生を粉砕したブラジリアン柔術のマリオと戦うことに。しかし、リングに向かうマリオの前にトーナメントを勝ち進みながらドクターストップでリタイアした赤石の息子で空手家の元一が立ちはだかる。

 執筆開始から30年、ついに雌雄を決する羽柴と久我の戦いを描くシリーズ完結編。
(光文社 940円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  8. 8

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  9. 9

    スワロフスキー7500個「100万円ベビーカー」の乗り心地は

  10. 10

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

もっと見る