「獅子の門 鬼神編」夢枕獏著

公開日: 更新日:

■格闘群像劇シリーズ完結編

 武林館の館長・赤石文三が主催する総合格闘技のトーナメントが開催される。出場者の柔道家・鳴海俊男の控室に、鹿久間源のセコンドを務める久我重明が姿を現す。羽柴彦六に会いにきたのだ。彦六は、久我から試合後に話があると告げられる。急きょ、ワンデーで行われることになった大会は、準決勝へと進み、鹿久間は優勝候補の麻生を粉砕したブラジリアン柔術のマリオと戦うことに。しかし、リングに向かうマリオの前にトーナメントを勝ち進みながらドクターストップでリタイアした赤石の息子で空手家の元一が立ちはだかる。

 執筆開始から30年、ついに雌雄を決する羽柴と久我の戦いを描くシリーズ完結編。
(光文社 940円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    愛犬が天国に行けるよう頼んだ手紙に…神さまから返事が!

  2. 2

    橋下徹元大阪市長の発言が物議 身近に潜む“差別治水”の闇

  3. 3

    本田翼は“残念な女優”なのに…視聴率は稼げる意外なワケ

  4. 4

    2000万円の退職金が半分以下に減ってしまい家計が苦しい

  5. 5

    「ママがキスをせず出かけた!」2歳児の抗議が可愛すぎる

  6. 6

    ぐずる赤ん坊と警察官…ほのぼの写真が全米に拡散したワケ

  7. 7

    石田ゆり子&渡辺美奈代 50歳で評価「天と地の差」のナゼ

  8. 8

    竹田恒泰氏「天皇は親戚」発言をこのまま許していいのか?

  9. 9

    生田斗真も結婚近い? 交際4年・清野菜名の舞台を2度観劇

  10. 10

    体づくりに強い拘り 佐々木の“ハードル”に尻込み球団続出

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る