「房子という女」富樫倫太郎著

公開日:  更新日:

■殺人鬼となった女のおぞましい半生

 累計45万部を突破した人気のSRO(警視庁広域捜査専任特別調査室)シリーズの最新作。本書では、前作で逮捕された近藤房子が、殺人鬼となるまでの自らの半生を赤裸々に告白。房子との格闘時に傷を負ったSROの山根新九郎と芝原麗子を相手に、背筋がぞっとするような房子の人生が淡々と語られる。

「殺し」の始まりは、房子が小学生のときに車にはねられて苦しんでいる犬を見て、苦しむくらいなら一息に殺してしまおうと撲殺したことから。次に仲の良かった姉が暴力的な父親が原因で自殺したことを契機に、実父の殺人に着手。その後、生き残るために邪魔な人間を次々手にかけていくが、当初正当防衛として始まった殺人が、他者の命を握っている万能感を味わうための快感殺人へと変わっていく。共犯者や被害者となった人間や自分と同じ嗜好(しこう)を持つ夫・近藤一郎との運命の出会い、自分を追いつめようとした嗅覚鋭い刑事をどうやって陥れていったかなど、容赦ない手の内が明かされていく。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  2. 2

    警察が運営阻止? 6代目山口組・高山若頭に早くも再逮捕説

  3. 3

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

  4. 4

    したたか仏政府 ルノーとの経営統合要求で日産“強奪”狙い

  5. 5

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  6. 6

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  7. 7

    持ち家派も…定年後は限りなく“住居費負担ゼロ”を目指す

  8. 8

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  9. 9

    やっぱり賃金は下がっている 虚飾の政権で沈む日本経済

  10. 10

    ケータイ料金節約のコツは「通話が多いか否か」で決める

もっと見る