• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「流通大変動」伊藤元重著

■少子高齢化時代のコンビニの行く末

 流通の現場から日本経済の変化の潮流を読み解く経済テキスト。

 まずはコンビニの動向に注目。セブン-イレブンが始めた総菜や弁当を客の自宅やオフィスに届けるミールサービスなどを例に、少子高齢化の成熟社会を迎え、コンビニがリピーターを大切にして深掘りする「農耕型ビジネス」に転換したと報告。その他、少品種多量販売を徹底するユニクロのビジネスモデル、日本の流通の中心だった問屋の機能の喪失と再編、そしてかつてはメーカーが担っていた価格設定などさまざまな決定に関与する「チャネルリーダー」のポジションを巡る戦いの激化まで。マクロとミクロの両面から激動する日本経済の今と行く末を見通す。
(NHK出版 780円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    朝鮮半島のパワーゲームで日本は…共同通信・磐村氏に聞く

  2. 2

    元立教大生に聞いた 「奨学金破産」で人生転落するまで

  3. 3

    映像は地味だが…「ポツンと一軒家」好視聴率で健闘のワケ

  4. 4

    米が次期戦闘機ゴリ押し 安倍政権は血税1400億円をドブに

  5. 5

    可愛い“宝物”は24歳に…「孫」がヒットの大泉逸郎さんは今

  6. 6

    “玉木宏ロス”の癒やしに 坂口健太郎だけが持つ3つの魅力

  7. 7

    官邸が“裏口入学リスト”回収…不正合格事件が政界に波及か

  8. 8

    広島・菊池、ソフトバンク柳田も…地方の大学生を見逃すな

  9. 9

    歌手・女優の坂本スミ子さん パルムドール表彰式の思い出

  10. 10

    テレ東「ラストチャンス」原作者 江上剛氏が見どころ語る

もっと見る