「しない生活」小池龍之介著

公開日:  更新日:

■「つながりすぎない」など煩悩を静める108の心構え

 困った場面に直面すると、人は往々にして何か「しなければ」というオブセッションに駆られてしまう。しかし、そこで何も「しない」で、ひたすら内省することが最良の学びを引き出してくれることもある。また、怒り、後悔、不安、妬みといったちょっとしたきっかけによって、心が乱れてしまうのも人間。この心の乱れ=煩悩を静め心を保っていくために必要な108(煩悩の数)の心構えを、龍照という僧名を持つ現役の住職である著者が仏典を引きながら説いていく。

「つながりすぎない」「イライラしない」「言い訳しない」「せかさない」「比べない」の全5章。たとえば、インターネットで無数の個人がつなげられている現代にあって、つながらないことは不安をかき立てるが、ネット上に蔓延する呪詛(じゅそ)や怨念から逃れるには切断も必要。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  4. 4

    水道民営化のウラに…麻生財務相“身内に利益誘導”の怪情報

  5. 5

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  6. 6

    長澤まさみが表紙V15 「東宝カレンダー」泣き笑いの面々

  7. 7

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  8. 8

    50秒の電話で“暴力集団”押し付けられた千賀ノ浦親方の不運

  9. 9

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  10. 10

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

もっと見る