「しない生活」小池龍之介著

公開日:  更新日:

■「つながりすぎない」など煩悩を静める108の心構え

 困った場面に直面すると、人は往々にして何か「しなければ」というオブセッションに駆られてしまう。しかし、そこで何も「しない」で、ひたすら内省することが最良の学びを引き出してくれることもある。また、怒り、後悔、不安、妬みといったちょっとしたきっかけによって、心が乱れてしまうのも人間。この心の乱れ=煩悩を静め心を保っていくために必要な108(煩悩の数)の心構えを、龍照という僧名を持つ現役の住職である著者が仏典を引きながら説いていく。

「つながりすぎない」「イライラしない」「言い訳しない」「せかさない」「比べない」の全5章。たとえば、インターネットで無数の個人がつなげられている現代にあって、つながらないことは不安をかき立てるが、ネット上に蔓延する呪詛(じゅそ)や怨念から逃れるには切断も必要。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  2. 2

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  5. 5

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    抑え崩壊で接戦恐怖症 巨人最後の手段は「守護神・菅野」

  8. 8

    レアード離脱、優勝遠のき…日ハム清宮は今季終了まで一軍

  9. 9

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  10. 10

    歌手は引退するが…安室奈美恵に期待される“電撃復活”の日

もっと見る