「しない生活」小池龍之介著

公開日: 更新日:

■「つながりすぎない」など煩悩を静める108の心構え

 困った場面に直面すると、人は往々にして何か「しなければ」というオブセッションに駆られてしまう。しかし、そこで何も「しない」で、ひたすら内省することが最良の学びを引き出してくれることもある。また、怒り、後悔、不安、妬みといったちょっとしたきっかけによって、心が乱れてしまうのも人間。この心の乱れ=煩悩を静め心を保っていくために必要な108(煩悩の数)の心構えを、龍照という僧名を持つ現役の住職である著者が仏典を引きながら説いていく。

「つながりすぎない」「イライラしない」「言い訳しない」「せかさない」「比べない」の全5章。たとえば、インターネットで無数の個人がつなげられている現代にあって、つながらないことは不安をかき立てるが、ネット上に蔓延する呪詛(じゅそ)や怨念から逃れるには切断も必要。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    あのジャニーズが“バーチャルアイドル”2.19デビューの衝撃

  2. 2

    かつては“お荷物”…山下智久が引き寄せた仕事運と信頼

  3. 3

    風間俊介は3歳児の父 ジャニーズ“結婚&子持ち”NGの境界線

  4. 4

    嵐に燻り続けてきた“プロパーvs外様”メンバーの確執と暗闘

  5. 5

    背後に敏腕マネが 大坂なおみ“バイン契約解除”決断の真相

  6. 6

    深まる亀裂…対韓「経済制裁」強行で偽装アベノミクス自爆

  7. 7

    専門家も警鐘 南海トラフ巨大地震“前兆”続々発生の不気味

  8. 8

    結婚発表前に伏線が…テレ朝・小川彩佳は悲恋のプリンセス

  9. 9

    背水から逆転の山下智久&木村拓哉 1本の映画が2人を変えた

  10. 10

    好調な映画そっちのけ…キムタクの雑な“白髪染め”が話題に

もっと見る