「三陸鉄道 情熱復活物語 笑顔をつなぐ、ずっと…」品川雅彦著

公開日: 更新日:

 東日本大震災の壊滅的被害から復活した三陸鉄道の3年の軌跡を追ったルポルタージュ。

 あの日の夕方、社長の望月の指示で宮古駅ホームに残っていた車両内に災害対策本部を設置。乗客の無事を確認する一方で、施設管理の担当者はいち早く保守工事や信号・通信工事を担当する各社に被害調査を依頼。被災2日後の早朝から北リアス線の被害状況を見て回った望月は、運行本部長の反対を押し切って4日後からの部分運行を決定する。

 それは赤字路線ゆえに復旧に時間がかかれば不要論が出てくると考えたからだ。社員、沿線住民、地元自治体が一丸となった全線再開通までのドラマを追う。
(三省堂 1500円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  2. 2

    二階幹事長と麻生氏に国民の怒り爆発!怨嗟の16万ツイート

  3. 3

    Koki,世界モデル挑戦へ キムタク残し母・工藤静香と移住か

  4. 4

    菅野美穂「ウチカレ」不評…“恋愛の神様”はオワコンなのか

  5. 5

    橋本環奈が辿る剛力彩芽と同じ道 USEN宇野会長と親密報道

  6. 6

    自宅コロナ死急増「病床不足」の裏に退院できる患者の滞留

  7. 7

    菅首相が“国際的な赤っ恥”…バイデン新政権から訪米拒否

  8. 8

    松潤の大河主演で混沌…井上真央との結婚の行方は占い頼み

  9. 9

    大栄翔が初優勝 平幕V続出「戦国時代」の裏の“角界の凋落”

  10. 10

    五輪に執着する菅政権に自民OBが怒り「総入れ替えが必要」

もっと見る

人気キーワード