「三陸鉄道 情熱復活物語 笑顔をつなぐ、ずっと…」品川雅彦著

公開日:  更新日:

 東日本大震災の壊滅的被害から復活した三陸鉄道の3年の軌跡を追ったルポルタージュ。

 あの日の夕方、社長の望月の指示で宮古駅ホームに残っていた車両内に災害対策本部を設置。乗客の無事を確認する一方で、施設管理の担当者はいち早く保守工事や信号・通信工事を担当する各社に被害調査を依頼。被災2日後の早朝から北リアス線の被害状況を見て回った望月は、運行本部長の反対を押し切って4日後からの部分運行を決定する。

 それは赤字路線ゆえに復旧に時間がかかれば不要論が出てくると考えたからだ。社員、沿線住民、地元自治体が一丸となった全線再開通までのドラマを追う。
(三省堂 1500円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  2. 2

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  3. 3

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  4. 4

    参院選まで半年…野党共闘を阻む立憲・枝野代表の背信行為

  5. 5

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  6. 6

    毎勤不正で新疑惑「数値上昇」の発端は麻生大臣の“大号令”

  7. 7

    NGT48メンバー暴行事件を追及 “敏腕ヲタ記者”の評判と執念

  8. 8

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  9. 9

    NGT暴行事件の黒幕か アイドルハンター“Z軍団”の悪辣手口

  10. 10

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

もっと見る