「断絶の都市センダイ」今野晴貴著

公開日: 更新日:

 東日本大震災後に行われた復興支援は、被災者の生活再建への役割を本当に果たしているのか。本書は、NPO法人POSSE代表である著者が、仙台で支援を行うなかで見えてきた被災地の実態を赤裸々に暴いた一冊だ。

 生活基盤が奪われた被災者は、「絆」だの「がんばろう」だのと鼓舞されながら、無理な条件での自立が求められた。そして今や自立できない者は努力しないと非難され、被災者同士ですら分断されている。復興の名のもとに行われたのは、復興予算の被災地外への流用、単発イベントを実施して帰っていくイベント型支援、生活できない低条件の雇用の増加、助成金を食い物にする偽善ビジネスの横行など、支援とはかけ離れたものばかりだ。

 これらは、働き手にむちゃなノルマを課して、うつ病になるまで酷使した揚げ句、脱落者を「甘え」と非難するブラック企業と同じ構図だと指摘。ブラック国家と成り果てた日本のおぞましい実態が被災地から見えてくる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東山紀之は結婚報告会見で妻・木村佳乃の名を出さなかった

  2. 2

    Koki,世界モデル挑戦へ キムタク残し母・工藤静香と移住か

  3. 3

    二階幹事長と麻生氏に国民の怒り爆発!怨嗟の16万ツイート

  4. 4

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  5. 5

    ジュニア「22歳定年制」導入 “ポスト木村拓哉”だったT君は

  6. 6

    松本潤「どうする家康」でNHKが狙う“ALLジャニーズ時代劇”

  7. 7

    コロナ患者退院後12.3%死亡の衝撃 回復しても3割が再入院

  8. 8

    NHK桑子真帆アナに“超肉食系”報道…結婚には完全マイナス

  9. 9

    “下り坂”FA田中「年15億円要求」欲張りすぎ…8億円が妥当

  10. 10

    コスパ最高…フワちゃんの独走でおバカタレント“廃業危機”

もっと見る

人気キーワード