• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「断絶の都市センダイ」今野晴貴著

 東日本大震災後に行われた復興支援は、被災者の生活再建への役割を本当に果たしているのか。本書は、NPO法人POSSE代表である著者が、仙台で支援を行うなかで見えてきた被災地の実態を赤裸々に暴いた一冊だ。

 生活基盤が奪われた被災者は、「絆」だの「がんばろう」だのと鼓舞されながら、無理な条件での自立が求められた。そして今や自立できない者は努力しないと非難され、被災者同士ですら分断されている。復興の名のもとに行われたのは、復興予算の被災地外への流用、単発イベントを実施して帰っていくイベント型支援、生活できない低条件の雇用の増加、助成金を食い物にする偽善ビジネスの横行など、支援とはかけ離れたものばかりだ。

 これらは、働き手にむちゃなノルマを課して、うつ病になるまで酷使した揚げ句、脱落者を「甘え」と非難するブラック企業と同じ構図だと指摘。ブラック国家と成り果てた日本のおぞましい実態が被災地から見えてくる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    元立教大生に聞いた 「奨学金破産」で人生転落するまで

  2. 2

    “玉木宏ロス”の癒やしに 坂口健太郎だけが持つ3つの魅力

  3. 3

    米が次期戦闘機ゴリ押し 安倍政権は血税1400億円をドブに

  4. 4

    73歳会長と親密交際 華原朋美“天性の愛人”のジジ殺し秘術

  5. 5

    結婚を前提に交際中…高畑充希を両親に紹介した坂口健太郎

  6. 6

    官邸が“裏口入学リスト”回収…不正合格事件が政界に波及か

  7. 7

    仲間由紀恵の病院通いも…周囲が案じる田中哲司の“悪い虫”

  8. 8

    カジノ法案 胴元がカネ貸し「2カ月無利子」の危険なワナ

  9. 9

    加計獣医学部 図書館に本のない大学の設置認可は前代未聞

  10. 10

    広島・菊池、ソフトバンク柳田も…地方の大学生を見逃すな

もっと見る