「淋しい人はボケる」髙島明彦著

公開日: 更新日:

「孤独感が認知機能の低下を招く」という研究がある。フィンランドで男女2000人を対象に21年間の追跡調査を行ったところ、既婚者やパートナーがいる人は、一人暮らしの人よりもボケるリスクが50%低く、離婚後に独身を貫いた人のボケるリスクは、3倍にも高まっていた。

 この結果は、動物実験でも明らかになっている。集団で生活するマウスを1匹だけ隔離して飼育すると、ストレスホルモンの増加によって脳の海馬に萎縮が起こり、神経細胞間の情報伝達もスムーズに行われなくなったそうだ。

 孤独によるボケを防ぐのは、家族やパートナーだけとは限らない。仕事や趣味で達成感を味わったり、喜びを感じられる活動に打ち込むことも有効だという。
(幻冬舎 760円)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「ドトールのコーヒーはスタバよりも安い」は本当か?

  2. 2

    “バブリーダンス”伊原六花 「なつぞら」東京編の起爆剤に

  3. 3

    所属議員も鼻白む 自民党“ネトウヨ冊子”配布で参院選対策

  4. 4

    「嫌いな女」10位に広瀬すず “炎上発言”とゴリ押しアダか

  5. 5

    大戦中に恋に落ちて…元米軍兵士と仏女性が75年ぶりに再会

  6. 6

    フジ月9出演も決定 「なつぞら」母親対決は山口智子に軍配

  7. 7

    向こう見ずな首相のイラン訪問 取り返しのつかない大失敗

  8. 8

    全米爆笑!バスに乗り遅れ学校サボった男の子の“弁明書”

  9. 9

    レアル入りタイミング最悪…久保建英が南米DF陣に狙われる

  10. 10

    「チルドレン」存在と不祥事のデパート化の因縁

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る