「淋しい人はボケる」髙島明彦著

公開日:  更新日:

「孤独感が認知機能の低下を招く」という研究がある。フィンランドで男女2000人を対象に21年間の追跡調査を行ったところ、既婚者やパートナーがいる人は、一人暮らしの人よりもボケるリスクが50%低く、離婚後に独身を貫いた人のボケるリスクは、3倍にも高まっていた。

 この結果は、動物実験でも明らかになっている。集団で生活するマウスを1匹だけ隔離して飼育すると、ストレスホルモンの増加によって脳の海馬に萎縮が起こり、神経細胞間の情報伝達もスムーズに行われなくなったそうだ。

 孤独によるボケを防ぐのは、家族やパートナーだけとは限らない。仕事や趣味で達成感を味わったり、喜びを感じられる活動に打ち込むことも有効だという。
(幻冬舎 760円)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    CS進出の可能性も…DeNAラミレス監督“オリックス就活”情報

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  8. 8

    明々白々…アベシンゾー氏の夢は「大日本帝国をもう一度」

  9. 9

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  10. 10

    消費税撤廃に続き…有言実行のマレーシア首相が反原発宣言

もっと見る