「医療詐欺」上昌広著

公開日: 更新日:

 今の日本の医療は決して「平等」とは言い難く、今のままの医療行政が進めば、30年後には医療崩壊する――。そう予言する著者は医師にして東大医科学研究所の特任教授。一般医師が言いにくい医療の「不都合な真実」を数字を挙げつつ語っているのが興味深い。

 例えば、製薬会社とズブズブの御用医師、御用マスコミの存在を指摘し、新薬利権の構造を暴露。著者が勤務していた東大病院や国立がんセンター中央病院では重症者ということで門前払いされ、近隣の病院に回されていたことなどを例に、有名国立病院が軽症者ばかりを集めたがる傾向にあることを明らかにしている。

 また、人口1000人当たりの医師数は茨城はブラジル以下、埼玉は中国と同じレベルなのだそうだ。医療の現状を知り、医療サービスを賢く受けたいという人は読むべし。(講談社 840円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    オリラジ吉本退社の明暗…藤森のタナボタはいつまで続く?

  2. 2

    エンゼルス大谷の現在地 調停金額で分かった二刀流の評価

  3. 3

    近藤春菜「スッキリ」卒業後は婚活?厳格に育ったお嬢さん

  4. 4

    桑田真澄に“鬼と仏”の二面性 PL学園、巨人時代の後輩語る

  5. 5

    菅首相「2月下旬から開始」ワクチン接種の甘すぎる目論見

  6. 6

    菅首相が“国際的な赤っ恥”…バイデン新政権から訪米拒否

  7. 7

    ロッテ清田「無期限謹慎」は選手の不倫にブレーキかけるか

  8. 8

    “組織委に中止計画”発言裏で電通専務と菅氏がステーキ会食

  9. 9

    巨人桑田コーチ補佐“先発135球”指令の波紋 何人できるか?

  10. 10

    静岡で初確認の変異種は経路不明…首都圏・関西に蔓延危機

もっと見る

人気キーワード