• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「医療詐欺」上昌広著

 今の日本の医療は決して「平等」とは言い難く、今のままの医療行政が進めば、30年後には医療崩壊する――。そう予言する著者は医師にして東大医科学研究所の特任教授。一般医師が言いにくい医療の「不都合な真実」を数字を挙げつつ語っているのが興味深い。

 例えば、製薬会社とズブズブの御用医師、御用マスコミの存在を指摘し、新薬利権の構造を暴露。著者が勤務していた東大病院や国立がんセンター中央病院では重症者ということで門前払いされ、近隣の病院に回されていたことなどを例に、有名国立病院が軽症者ばかりを集めたがる傾向にあることを明らかにしている。

 また、人口1000人当たりの医師数は茨城はブラジル以下、埼玉は中国と同じレベルなのだそうだ。医療の現状を知り、医療サービスを賢く受けたいという人は読むべし。(講談社 840円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    なぜ? 「大阪万博」スポンサーに米国カジノ企業が次々と

  2. 2

    安倍首相を守り栄転 太田理財局長は“論功行賞”で主計局長

  3. 3

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  4. 4

    野田聖子氏周辺に疑惑 仮想通貨「GACKTコイン」接点は?

  5. 5

    48歳・仙道敦子「この世界の片隅に」で女優復帰の舞台裏

  6. 6

    ユニクロの狙いは? フェデラーと“10年300億円契約”の意味

  7. 7

    90年代はやりたい放題だった…とんねるずへのノスタルジー

  8. 8

    安倍首相を悩ませる 金正恩の「拉致問題」への対応一変

  9. 9

    ZOZO騒がれた日の皮肉 老舗球団は新興勢力に5年で抜かれる

  10. 10

    乃木坂46白石麻衣 不可解なドタキャン騒動に大ブーイング

もっと見る