「医療詐欺」上昌広著

公開日: 更新日:

 今の日本の医療は決して「平等」とは言い難く、今のままの医療行政が進めば、30年後には医療崩壊する――。そう予言する著者は医師にして東大医科学研究所の特任教授。一般医師が言いにくい医療の「不都合な真実」を数字を挙げつつ語っているのが興味深い。

 例えば、製薬会社とズブズブの御用医師、御用マスコミの存在を指摘し、新薬利権の構造を暴露。著者が勤務していた東大病院や国立がんセンター中央病院では重症者ということで門前払いされ、近隣の病院に回されていたことなどを例に、有名国立病院が軽症者ばかりを集めたがる傾向にあることを明らかにしている。

 また、人口1000人当たりの医師数は茨城はブラジル以下、埼玉は中国と同じレベルなのだそうだ。医療の現状を知り、医療サービスを賢く受けたいという人は読むべし。(講談社 840円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    大内裕和氏 民間背後の教育改革は格差拡大の失敗繰り返す

  2. 2

    安倍首相インド訪問突然中止 永田町で飛び交う“2つの憶測”

  3. 3

    相次ぐ女子プロのツアー引退…それでも老後ウハウハなワケ

  4. 4

    「FNS歌謡祭」で“声の差”が 薬師丸ひろ子と中山美穂の明暗

  5. 5

    羽賀研二vs梅宮アンナ“平成のバカップル”騒動が完全決着

  6. 6

    最後の一線を越えた…7年間にも及ぶ国と社会に対するテロ

  7. 7

    “安倍側近”の下関市長 市立大人事「私物化疑惑」が大炎上

  8. 8

    51歳でも2時間“歌って踊れる” 元CHA-CHA木野正人さんは今

  9. 9

    二宮和也は2021年6月に“海外挙式”へ 気になる場所と招待客

  10. 10

    上場を目指す企業が入居ビルを適当に選んではいけない理由

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る