「とっておき 寝台列車の旅」小学館SJムック編集部編

公開日: 更新日:

 次々と変わる車窓の風景と、それを眺めながらの優雅な食事、そして夜はレールから伝わる振動を子守歌にして眠りにつき、朝は間もなく到着する目的地への期待を胸に目覚める――寝台特急の旅は、スピードと時間を競う他の乗り物では決して味わえない移動を楽しむ旅でもある。

 現在、日本で定期的に運転されているのは、本州と北海道を結ぶ寝台特急「カシオペア」「トワイライトエクスプレス」「北斗星」、急行「はまなす」と、東京と西日本を結ぶ寝台特急「サンライズエクスプレス」の5列車。その全列車の詳細を案内してくれるカラーガイドブック。

 1999年から運転が始まった日本初のオールA寝台個室列車「カシオペア」(上野~札幌)は、まるで走るホテル。1200キロ、17時間の旅を、女優の田中律子さんと母親のふみ子さん親子に体験してもらいながら紹介する。

 1編成に1部屋しかなく、チケットの入手が困難な列車最後尾の「展望室タイプ」と、1階が寝室、2階がリビングの「メゾネットタイプ」の2種類が用意されている「カシオペアスイート」をはじめ、個室の全タイプを詳細なイラストで解説。ベッドの向きが異なるので、就寝時はメゾネットタイプの方が、揺れが少なく感じるなどの細かい情報もうれしい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「桜を見る会」私物化を白状 下関市長の歪んだ“特権意識”

  2. 2

    “悪党”がゾロゾロ…桜を見る会の怪しい招待客選定プロセス

  3. 3

    名簿破棄の大嘘 安倍首相「シンクライアント」でまた墓穴

  4. 4

    夫は人気漫画家でも格差婚?壇蜜の知られざる超堅実ライフ

  5. 5

    すわ解散か…二階幹事長の“広報指令”に会期末の永田町激震

  6. 6

    「70万円の婚約指輪が小さく感じる」女性の相談が大炎上!

  7. 7

    大往生で称賛記事があふれた中曽根康弘元首相の“犯罪”

  8. 8

    萩生田大臣の発言 あんた総理ファーストじゃなかったっけ

  9. 9

    エ軍大谷が2回目の契約更改へ 投手全休で来季年俸いくら?

  10. 10

    巨人との契約残し…山口俊メジャー挑戦の裏に5億円大豪邸

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る