• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「なぜ、スポーツ選手は不正に手を染めるのか」マイク・ローボトム著、岩井木綿子訳

 先ごろ閉幕したブラジルW杯の開催期間中、カメルーン代表のニコラ・ヌクル選手の父親が焼死体となって発見された。カメルーンチームには八百長疑惑が浮上しており、事件との関連も囁かれている。

 スポーツ界には、古くから多くの不正がつきまとってきた。マイク・ローボトム著、岩井木綿子訳「なぜ、スポーツ選手は不正に手を染めるのか」(エクスナレッジ1800円)では、数々の事例をもとに不正が生み出される現状をルポしている。

 今、“無害な不正”として問題となっているのが「スポット賭博」だ。テニスでのダブルフォールトの数や、サッカーでのフリーキックの数を予想する賭けで、イギリスの一般市民にとっては合法の賭博だ。しかし、これに選手が関わることが増えていると本書。サッカーのイングランド代表だったル・ティシエは、自伝の中でスポット賭博に関わったことを告白している。最初のスローインが行われる時間帯を当てる賭けで、ル・ティシエとチームメートは高額配当が期待できる「1分未満」を買い、できるだけ早い時間にボールをピッチの外に出そうと躍起になったという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  2. 2

    ZOZO社長とW杯決勝観戦 剛力彩芽“はじけっぷり”に心配の声

  3. 3

    静香次女コウキ ファッション業界で囁かれる“本当の実力”

  4. 4

    ロバート秋山はCM8社で第3位 起用理由をスポンサーに直撃

  5. 5

    元立教大生に聞いた 「奨学金破産」で人生転落するまで

  6. 6

    小泉&小沢の“異色タッグ”は政界再編の起爆剤になるのか

  7. 7

    朝鮮半島のパワーゲームで日本は…共同通信・磐村氏に聞く

  8. 8

    可愛い“宝物”は24歳に…「孫」がヒットの大泉逸郎さんは今

  9. 9

    小倉智昭、ジャニ勢は…ワイドショー改編で首筋寒いMCたち

  10. 10

    映像は地味だが…「ポツンと一軒家」高視聴率で健闘のワケ

もっと見る