「血管を強くする歩き方」木津直昭、稲島司著

公開日: 更新日:

 運動習慣がない人はある人と比べて3・4倍も死亡率が高く、ゆっくり歩く人は速く歩く人より血管疾患での死亡率が2・9倍も高くなることが分かっているという。健康で長生きするためには、速歩きの習慣をつけて血管を丈夫にしておくことが大切だとする本書では、体に負担のかからない正しい歩き方を伝授している。

 まず、歩く前に姿勢を正しくする必要がある。背骨や骨盤が歪んだままで歩くと、関節などを痛めるためだ。柱の角に背中を付けて立ち、胸を開きながら肩甲骨を回すエクササイズを行うことで、速歩きに適した姿勢が身に付く。

 5秒間で10歩を目安に20分以上の速歩きができるようになれば、血管を若く保ち病気を寄せ付けない体になるはずだ。

(東洋経済新報社 1400円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  2. 2

    木下優樹菜に仕事なくても給料払うと申し出た事務所の温情

  3. 3

    西村まさ彦が“乳がん離婚宣告”報道に「ハメられた」と困惑

  4. 4

    アンジャ渡部建の父が厳命 佐々木希の実家へお詫び行脚

  5. 5

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  6. 6

    “ゴマカシ説明”連発の小池都知事が招く感染爆発と医療崩壊

  7. 7

    星野佳路氏 コロナと共生“マイクロツーリズム”で生き抜く

  8. 8

    厚労省が研究開始 7%が苦しむ新型コロナ「後遺症」の深刻

  9. 9

    安倍首相の顔色に異変…髪乱れ生気なく党内に懸念広がる

  10. 10

    マック鈴木さん 手探りのマイナーからデビューまでを語る

もっと見る