「血管を強くする歩き方」木津直昭、稲島司著

公開日: 更新日:

 運動習慣がない人はある人と比べて3・4倍も死亡率が高く、ゆっくり歩く人は速く歩く人より血管疾患での死亡率が2・9倍も高くなることが分かっているという。健康で長生きするためには、速歩きの習慣をつけて血管を丈夫にしておくことが大切だとする本書では、体に負担のかからない正しい歩き方を伝授している。

 まず、歩く前に姿勢を正しくする必要がある。背骨や骨盤が歪んだままで歩くと、関節などを痛めるためだ。柱の角に背中を付けて立ち、胸を開きながら肩甲骨を回すエクササイズを行うことで、速歩きに適した姿勢が身に付く。

 5秒間で10歩を目安に20分以上の速歩きができるようになれば、血管を若く保ち病気を寄せ付けない体になるはずだ。

(東洋経済新報社 1400円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    小室圭さんは一度は「婚約辞退」を考えた 内定会見後のお食事会から“異変”が…

  2. 2

    眞子さまの結婚問題に揺れる秋篠宮家 当初は小室圭さんを絶賛された紀子さまに起きた変化

  3. 3

    日本人の「知性低下」を露呈した東京五輪…政治家も官僚も私利私欲に走る

  4. 4

    小山田圭吾が一生涯背負う“十字架”と本当の謝罪 障害者の父親は「謝っても許されない」と強い憤り

  5. 5

    東京五輪入場行進にドラクエのテーマが…作曲家は”安倍応援団” 過去にはLGBT巡り物議醸す発言

  6. 6

    五輪スタッフ、メディア関係者に「インチキ陰性判定」乱発か?検査スリ抜けこんなに簡単

  7. 7

    山崎育三郎“離婚”に高い壁 安倍なつみ復帰でざわつくメディア、本当の異変は?

  8. 8

    MISIA「君が代」斉唱は絶賛だが…東京五輪開会式で“大損”させられた芸能人

  9. 9

    コカ・コーラ社以外は持ち込むな!五輪サッカー観戦で鹿嶋市の小中学生に要望したのは誰だ?

  10. 10

    菅首相がファイザーCEOを国賓級おもてなし ワクチン枯渇“土下座交渉”も思惑また外れ…

もっと見る

人気キーワード