• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「原発とどう向き合うか」澤田哲生編

 原発問題は「3・11」以降、感情論と化したといわれる。科学的根拠なしの予断が恐怖交じりに拡散され、少しでも楽観論を口にすると「御用学者」呼ばわりされる――と抗弁するのが本書の編者。

 多数の原子力関連の科学者に声をかけ、座談会形式で震災当時の民主党政権、メディア、原発ムラのほか小泉「脱原発」論までを幅広く批判する。「……という可能性を否定できない」という原発反対派の決まり文句は「風が吹けば桶屋が儲かる」可能性を否定できないのと同じと一蹴する。

(新潮社 760円)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キーマンは“任侠”代表 急浮上する山口組3派再統合話の行方

  2. 2

    黒田総裁は“白旗”か…ついに日銀が「株を買うのをやめた」

  3. 3

    総裁選の争点に 石破氏の秘策は「加計問題」と「脱原発」

  4. 4

    今年も唯一ゴルフ不参加…福田元首相はやっぱり“アベ嫌い”

  5. 5

    地元は必死に寄付金集め 金足農“想定外”快進撃の舞台側

  6. 6

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  7. 7

    イメージダウン必至の日本大学 新入生の半数は付属から

  8. 8

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  9. 9

    「検察側の罪人」原田監督語る 木村拓哉の演技と籠絡テク

  10. 10

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

もっと見る