「原発とどう向き合うか」澤田哲生編

公開日: 更新日:

 原発問題は「3・11」以降、感情論と化したといわれる。科学的根拠なしの予断が恐怖交じりに拡散され、少しでも楽観論を口にすると「御用学者」呼ばわりされる――と抗弁するのが本書の編者。

 多数の原子力関連の科学者に声をかけ、座談会形式で震災当時の民主党政権、メディア、原発ムラのほか小泉「脱原発」論までを幅広く批判する。「……という可能性を否定できない」という原発反対派の決まり文句は「風が吹けば桶屋が儲かる」可能性を否定できないのと同じと一蹴する。

(新潮社 760円)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    角栄側近・石井一氏が語る ロッキード事件真相と政治腐敗

  2. 2

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  3. 3

    東出の実母が関係修復に尽力 姑の泣き落としに杏の反応は

  4. 4

    女性がNHK大河ソッポ 長谷川博己“若い明智光秀”なぜ不評?

  5. 5

    新型コロナ感染拡大で現実味…東京五輪返上で20兆円消失

  6. 6

    川口春奈“本格女優”は茨の道 NHK大河のご祝儀も期限切れ?

  7. 7

    東出不倫騒動トバッチリなのに…桐谷健太が見せた“神対応”

  8. 8

    「なるほど!ザ・ワールド」名物リポーター迫文代さんは今

  9. 9

    東出昌大は「不倫常習者の典型」と識者…杏は苦しい決断に

  10. 10

    小田嶋隆氏「最大の罪は国の文化と社会を破壊したこと」

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る