「原発とどう向き合うか」澤田哲生編

公開日: 更新日:

 原発問題は「3・11」以降、感情論と化したといわれる。科学的根拠なしの予断が恐怖交じりに拡散され、少しでも楽観論を口にすると「御用学者」呼ばわりされる――と抗弁するのが本書の編者。

 多数の原子力関連の科学者に声をかけ、座談会形式で震災当時の民主党政権、メディア、原発ムラのほか小泉「脱原発」論までを幅広く批判する。「……という可能性を否定できない」という原発反対派の決まり文句は「風が吹けば桶屋が儲かる」可能性を否定できないのと同じと一蹴する。

(新潮社 760円)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    厚生年金70歳以上義務化で日本は“ブラック国家”まっしぐら

  2. 2

    広瀬すずにもNHKピリピリ…朝ドラ主演の過酷さと監督事情

  3. 3

    「昭和の人間ですが」中森明菜が平成最後に綴る手紙の悲痛

  4. 4

    化粧しっかり…松嶋菜々子「なつぞら」の"雪肌"に違和感

  5. 5

    いい人アピール安倍首相“大聖堂お見舞い”プランのハタ迷惑

  6. 6

    「なつぞら」広瀬すず友達役…富田望生は“視聴率の女神”か

  7. 7

    あんだけ体重があるのに大阪桐蔭の西谷監督はフットワークが軽い

  8. 8

    パ球団トレード打診も…阪神は藤浪を“飼い殺し”にするのか

  9. 9

    杉並区議選応援で大混乱 杉田水脈議員に差別発言の“呪い”

  10. 10

    「なつぞら」高畑淳子 "テンション高め"の演技に懸念浮上

もっと見る