• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「ストーカーから身を守るハンドブック」 エミリー・スペンス・アルマゲヤー著 上田勢子訳

 警察による日本のストーカー被害の認知件数は、2000年で2200件だったのに対し、2013年には2万1089件と10倍近くに増加。誰もが、いつストーカーに狙われるか分からない状況となっている。

 エミリー・スペンス・アルマゲヤー著「ストーカーから身を守るハンドブック」(上田勢子訳=大月書店 1200円)は、ストーカーの手口から被害者が取るべき行動まで、さまざまな情報がまとめられたストーカー対策の指導書。

 ストーカー行為には、つきまといや待ち伏せ、交際の要求、連続する無言電話やメール、汚物の送付などさまざまなものがある。被害者は、最初のうちは“ストーカーというほどではないかも”と思ってしまうことが多いが、異変を感じたらすぐに記録をとるべきだと本書。ストーカー被害を法的に円滑に立証するためには、被害者が初期の証拠集めをしていたかが鍵になるという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “被害者”が激白 塚原夫妻の無責任指導とでっち上げの実態

  2. 2

    体操協会なぜ切れず? 塚原夫妻“職務一時停止”本当の目的

  3. 3

    東京、神奈川、四国…“地方票”石破氏の猛追に安倍陣営焦り

  4. 4

    交通遺児に残された亡父の車を競売に…劇的展開に感動の嵐

  5. 5

    海外では国民が猛反発…「年金改悪」日本だけがやすやすと

  6. 6

    最下位転落はすぐそこ…DeNAラミ監督の続投に2つの条件

  7. 7

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  8. 8

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  9. 9

    トップ3は韓国勢でも LPGAは主催者に放映権を要求するのか

  10. 10

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

もっと見る