「ストーカーから身を守るハンドブック」 エミリー・スペンス・アルマゲヤー著 上田勢子訳

公開日:  更新日:

 警察による日本のストーカー被害の認知件数は、2000年で2200件だったのに対し、2013年には2万1089件と10倍近くに増加。誰もが、いつストーカーに狙われるか分からない状況となっている。

 エミリー・スペンス・アルマゲヤー著「ストーカーから身を守るハンドブック」(上田勢子訳=大月書店 1200円)は、ストーカーの手口から被害者が取るべき行動まで、さまざまな情報がまとめられたストーカー対策の指導書。

 ストーカー行為には、つきまといや待ち伏せ、交際の要求、連続する無言電話やメール、汚物の送付などさまざまなものがある。被害者は、最初のうちは“ストーカーというほどではないかも”と思ってしまうことが多いが、異変を感じたらすぐに記録をとるべきだと本書。ストーカー被害を法的に円滑に立証するためには、被害者が初期の証拠集めをしていたかが鍵になるという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  2. 2

    巨人ナインに深刻“長野ロス”…超気配り男の逸話伝説も数々

  3. 3

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  4. 4

    自公3分の2圧勝シナリオ 1.28通常国会“冒頭解散説”急浮上

  5. 5

    海老蔵は“秒読み”? 没イチ男性が死別再婚する時の注意点

  6. 6

    仏当局捜査“飛び火”か 五輪裏金疑惑で日本政界が戦々恐々

  7. 7

    経団連会長が転換 「原発どんどん再稼働」に飛び交う憶測

  8. 8

    また生え抜き看板…巨人“大チョンボ”長野流出の真相と波紋

  9. 9

    アニキが勧誘も…前広島・新井が「阪神コーチ」断っていた

  10. 10

    初登場G球場で“孤独トレ” 丸は巨人で「我」を貫けるのか

もっと見る