日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「ストーカーから身を守るハンドブック」 エミリー・スペンス・アルマゲヤー著 上田勢子訳

 警察による日本のストーカー被害の認知件数は、2000年で2200件だったのに対し、2013年には2万1089件と10倍近くに増加。誰もが、いつストーカーに狙われるか分からない状況となっている。

 エミリー・スペンス・アルマゲヤー著「ストーカーから身を守るハンドブック」(上田勢子訳=大月書店 1200円)は、ストーカーの手口から被害者が取るべき行動まで、さまざまな情報がまとめられたストーカー対策の指導書。

 ストーカー行為には、つきまといや待ち伏せ、交際の要求、連続する無言電話やメール、汚物の送付などさまざまなものがある。被害者は、最初のうちは“ストーカーというほどではないかも”と思ってしまうことが多いが、異変を感じたらすぐに記録をとるべきだと本書。ストーカー被害を法的に円滑に立証するためには、被害者が初期の証拠集めをしていたかが鍵になるという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事