「ライツ・オン! 明治灯台プロジェクト」土橋章宏著

公開日: 更新日:

 物語の舞台は、明治初期の長崎県伊王島。西欧は日本に航海の安全のため灯台設置を強く求めていたが、当時の日本には十分な明るさの灯台を造る技術がなかった。そこで招聘されたのが英国人技師のリチャード・ブラントン。彼は、日英ハーフで通訳の丈太郎と共に灯台設置予定地を検分して回っていたが、船の故障で長期滞在する羽目になった伊王島で、佐賀藩の天才発明家・田中久重と出会う。理不尽な階級差別から本国を飛び出したリチャードと、ハーフを理由に居場所が見つけられなかった丈太郎は、この出会いを契機に、リチャードはプロの技術者として、丈太郎はプロの通訳としての情熱を燃やす。次々と立ちはだかる障害に負けず、灯台は建設できるのか――。

 国も世代も異なる人々が力を合わせて困難なプロジェクトに挑む姿を描いたエンターテインメント小説。シナリオ大賞の受賞経験のある著者らしく、魅力あふれる登場人物の爽快な物語をテンポよく読ませる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    年金8兆円消えた…姑息GPIFが発表「今後失う」衝撃の数字

  2. 2

    西村まさ彦が“乳がん離婚宣告”報道に「ハメられた」と困惑

  3. 3

    中国の“弱点”三峡ダムが決壊の危機…世界中で株価の暴落も

  4. 4

    ガッキー知人が悩み明かす「実年齢とのギャップに違和感」

  5. 5

    韓国俳優と熱愛報道 綾瀬はるかが亡父に誓った結婚の執念

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    老舗経済誌が安倍首相批判を特集した理由 編集長に聞いた

  8. 7

    昭和の俳優はビクともせず…不倫取材の核は「本妻」にあり

  9. 8

    久米宏は日本のテレビやラジオにまだ必要だ

  10. 9

    西村コロナ担当相がイラつき激高 “逆ギレ会見”に批判殺到

  11. 10

    安倍首相「自画自賛ウソ会見」と何も突っ込まないお粗末記者

もっと見る