• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「50歳を超えたらもう年をとらない46の法則」阪本節郎著

 50代にもなれば“もう若くはない”と思いがちだが、肉体をメンテナンスしたり思考の柔軟さを維持しようと努力していれば、老けて見えずに若々しくいられるものだ。本書では、年をとらないための46の工夫を紹介している。

 例えば、ズバリ「見た目にこだわる」こと。60代といえば少し前までは“ジイサン”だったが、草刈正雄や中村雅俊など60代のいい男はたくさんいる時代になった。くたびれた中年になることを仕方ないと思わず、ファッションやスキンケアに気を使い、若々しい見た目を維持しておきたい。「スマホやタブレットを自分の道具にする」のもいい。デジタルへの挑戦は気持ちを若くし、脳も活性化させる。映画のオンデマンド観賞など、趣味も広がっていくはずだ。(講談社 880円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    フジは稲垣をドラマ起用 立ち位置に違いが出始めた元SMAP

  3. 3

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  4. 4

    広島・丸と西武・浅村めぐり…巨・神でFA補強争奪戦が勃発

  5. 5

    大物2世タレントの彼は20歳上の私に「部屋に行きたい」と

  6. 6

    党内からも驚き 安倍陣営が血道上げる地方議員“接待攻勢”

  7. 7

    木村拓哉ラジオも終了…SMAP“完全消滅”の今後と5人の損得

  8. 8

    元SMAPのテレビCM「快進撃」の裏側…40代にして“新鮮味”も

  9. 9

    4年連続V逸確実で…巨人はFA入団組“在庫一掃”のオフに

  10. 10

    人気女優陣が拒否…木村拓哉ドラマ“ヒロイン選び”また難航

もっと見る