「50歳を超えたらもう年をとらない46の法則」阪本節郎著

公開日: 更新日:

 50代にもなれば“もう若くはない”と思いがちだが、肉体をメンテナンスしたり思考の柔軟さを維持しようと努力していれば、老けて見えずに若々しくいられるものだ。本書では、年をとらないための46の工夫を紹介している。

 例えば、ズバリ「見た目にこだわる」こと。60代といえば少し前までは“ジイサン”だったが、草刈正雄や中村雅俊など60代のいい男はたくさんいる時代になった。くたびれた中年になることを仕方ないと思わず、ファッションやスキンケアに気を使い、若々しい見た目を維持しておきたい。「スマホやタブレットを自分の道具にする」のもいい。デジタルへの挑戦は気持ちを若くし、脳も活性化させる。映画のオンデマンド観賞など、趣味も広がっていくはずだ。(講談社 880円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    角栄側近・石井一氏が語る ロッキード事件真相と政治腐敗

  2. 2

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  3. 3

    東出の実母が関係修復に尽力 姑の泣き落としに杏の反応は

  4. 4

    新型コロナ感染拡大で現実味…東京五輪返上で20兆円消失

  5. 5

    女性がNHK大河ソッポ 長谷川博己“若い明智光秀”なぜ不評?

  6. 6

    今期2つの連ドラに出演 柄本佑の人気が“うなぎ上り”のワケ

  7. 7

    川口春奈“本格女優”は茨の道 NHK大河のご祝儀も期限切れ?

  8. 8

    東出不倫騒動トバッチリなのに…桐谷健太が見せた“神対応”

  9. 9

    「なるほど!ザ・ワールド」名物リポーター迫文代さんは今

  10. 10

    東出昌大は「不倫常習者の典型」と識者…杏は苦しい決断に

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る