新選組の無名隊士を描いた短編集を上梓 小松エメル氏に聞く

公開日: 更新日:

 中学生のころから新選組が好きだったという著者。並の歴女ならヒーローには沖田総司あたりを選ぶところだが、今作「夢の燈影」の主人公に選んだのは、思わず「WHO IS HE?」と聞きたくなる無名の隊士たちだ。

 明治人情妖怪譚「一鬼夜行」シリーズで知られる著者がそもそも作家の道を選んだのは、新選組がきっかけだったという。

「新選組が好きで、図書館で調べたりしていたんです。それで新選組の本を書きたくなって。高3の夏に美大に進むつもりだったのを変更して史学科にしたくらい好きだったんです」

 作家になり、日頃から新選組を書きたいと周囲にアピールしていたら、編集部から勧められて、チャレンジすることに。

「そのときは、もう来たか、と思いました(笑い)」

 それにしてもなぜ、無名の隊士なのか?

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    鈴木杏樹に「4000円ラブホ不倫」報道 超モテモテの評判も

  2. 2

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  3. 3

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

  4. 4

    鈴木杏樹の不倫対応で思い出す…二人の女優が残した“名言”

  5. 5

    視聴率急落のNHK「麒麟がくる」に安藤サクラ“緊急登板”説

  6. 6

    「麒麟がくる」大コケ予想で三谷幸喜にすがるNHKの哀れ

  7. 7

    千原せいじ消滅危機…2度の不倫疑惑でテレビ局「出禁」状態

  8. 8

    2.20が新型肺炎パンデミック節目 最大8200万人感染の恐怖

  9. 9

    杏にのしかかる東出不倫の代償5億円 映画再撮で離婚に拍車

  10. 10

    東出不倫騒動トバッチリなのに…桐谷健太が見せた“神対応”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る