日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

新選組の無名隊士を描いた短編集を上梓 小松エメル氏に聞く

 中学生のころから新選組が好きだったという著者。並の歴女ならヒーローには沖田総司あたりを選ぶところだが、今作「夢の燈影」の主人公に選んだのは、思わず「WHO IS HE?」と聞きたくなる無名の隊士たちだ。

 明治人情妖怪譚「一鬼夜行」シリーズで知られる著者がそもそも作家の道を選んだのは、新選組がきっかけだったという。

「新選組が好きで、図書館で調べたりしていたんです。それで新選組の本を書きたくなって。高3の夏に美大に進むつもりだったのを変更して史学科にしたくらい好きだったんです」

 作家になり、日頃から新選組を書きたいと周囲にアピールしていたら、編集部から勧められて、チャレンジすることに。

「そのときは、もう来たか、と思いました(笑い)」

 それにしてもなぜ、無名の隊士なのか?

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事