「4週間でぐっすり眠れる本」岡島義著

公開日: 更新日:

 睡眠障害の専門医である著者が、不眠を解消するために開発された認知行動療法について分かりやすく解説。「寝床に入ると目が冴える」といった睡眠に関わる緊張感を修正しながら、「寝不足のため休日は何もやる気が起きない」などの不眠が続くことで癖になっている生活習慣も改善していく。

 この認知行動療法は、不眠患者の7~8割に効果が表れるという。まず行うのが、「睡眠ダイアリー」をつけること。寝床に入った時刻や、いよいよ眠ろうとして照明を消した時刻、目が覚めた回数や再び眠りにつくまでの時間などを1週間記録し、“眠りの質”を明らかにしていく。

 そして、「眠れないことで何が起こるのを恐れているか」を明確にしながら、4週間で眠れない原因を取り除いていく。

(さくら舎 1400円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菅首相 官房長官時代に使った機密費“86億8000万円”の衝撃

  2. 2

    ピーチマスク拒否男が49歳鼻出しマスク受験生に同情の噴飯

  3. 3

    麻生財務相「一律10万円再給付ない」発言に若者も怒り心頭

  4. 4

    “組織委に中止計画”発言裏で電通専務と菅氏がステーキ会食

  5. 5

    大関・貴景勝の休場は左足故障で…「太りすぎ」原因の指摘

  6. 6

    変異種感染力70%増で「致死率14倍」…2~3カ月後に主流化

  7. 7

    デサントの「水沢ダウン」は海外物を凌駕…国産の実力知る

  8. 8

    第3戦の朝、原監督は顔を合わすなり「一塁は誰がいい?」

  9. 9

    “下り坂”FA田中「年15億円要求」欲張りすぎ…8億円が妥当

  10. 10

    バカな大将、敵より怖い…政府は“壊れた蛇口”で破産国家に

もっと見る

人気キーワード