「聖地巡礼 ライジング 熊野紀行」内田樹、釈徹宗著

公開日: 更新日:

 各地の聖地と呼ばれる場所を訪ね、宗教の本質を探る対談集シリーズ。

 4度目となった今回は、中世まで日本最大の巡礼であった熊野を歩く。熊野那智大社・熊野本宮大社・熊野速玉大社の熊野三山はそれぞれ違う神様を祭っているが、一方で仏が神の姿になって現れる本地垂迹説を早くから受け入れた神仏習合の地であり、また修験道、陰陽道などさまざまなものが融合した聖地でもある。その特徴は「信不信を選ばず、浄不浄を嫌わず」というところにあるという。神域の入り口である滝尻王子を起点に古道を歩き、日本人の自然観や宗教性を論じながら「人はなぜ熊野に引かれるのか」を考察する。(東京書籍 1500円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    パンデミックが起きても慌てない 今から始める備蓄リスト

  2. 2

    また職員が感染 加藤厚労相は危機管理能力ゼロのポンコツ

  3. 3

    新型ウイルス対策 「東京は封鎖できるか」内閣官房に聞く

  4. 4

    「再感染」が続出 新型コロナは変異、劇症化しているのか

  5. 5

    住宅ローン完済で悠々自適の第二の人生が始まるはずが…

  6. 6

    新型コロナ感染拡大で現実味…東京五輪返上で20兆円消失

  7. 7

    田中みな実は燃え尽き?ジャニーズ事務所も恐れる次の一手

  8. 8

    小学生も新型コロナ感染で…結婚式や卒業式はどうなる?

  9. 9

    サラリーマンにピッタリ 入門用ベンツAクラスにセダン登場

  10. 10

    行方不明の愛犬と3年後…1500㎞離れた場所で奇跡的な再会

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る