「聖地巡礼 ライジング 熊野紀行」内田樹、釈徹宗著

公開日:  更新日:

 各地の聖地と呼ばれる場所を訪ね、宗教の本質を探る対談集シリーズ。

 4度目となった今回は、中世まで日本最大の巡礼であった熊野を歩く。熊野那智大社・熊野本宮大社・熊野速玉大社の熊野三山はそれぞれ違う神様を祭っているが、一方で仏が神の姿になって現れる本地垂迹説を早くから受け入れた神仏習合の地であり、また修験道、陰陽道などさまざまなものが融合した聖地でもある。その特徴は「信不信を選ばず、浄不浄を嫌わず」というところにあるという。神域の入り口である滝尻王子を起点に古道を歩き、日本人の自然観や宗教性を論じながら「人はなぜ熊野に引かれるのか」を考察する。(東京書籍 1500円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  2. 2

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  3. 3

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  4. 4

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  5. 5

    広島対策は“丸投げ”? 巨人スタッフ会議で投打コーチ言及

  6. 6

    常盤貴子「グッドワイフ」上昇のカギは美魔女の輝きと気概

  7. 7

    ドラ1左腕も“被害者”か…岩隈加入で巨人若手が行き場失う

  8. 8

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  9. 9

    巨人は先発6人以外“全員中継ぎ” 勝利の方程式を追加構想

  10. 10

    前JGTO副会長が吐露 男子2試合“消滅”は青木功会長が招いた

もっと見る