「春雷」葉室麟著

公開日:  更新日:

 15年前、羽根藩に召し抱えられた多聞隼人は、藩主の三浦兼清に重用され、藩の財政立て直しに尽力。銀主に返済猶予を求める一方、百姓からは年貢を、商人からは運上金を容赦なく取り立てたため、人々には鬼と呼ばれ、城下には怨嗟の声が渦巻いていた。そんな中、隼人は兼清から、これまで難工事が予想されるため誰も手を付けてこなかった黒菱沼の干拓を命じられる。間違えれば一揆が起きかねない工事だが、隼人は家老への昇進を条件に応じる。噂を聞きつけ干拓工事の名人で、「人食い」と呼ばれる大庄屋・七右衛門が隼人に面会を求めてくる。

 大願のために孤高に生きる男を描く時代長編。羽根藩シリーズ第3弾。(祥伝社 1600円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  5. 5

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  6. 6

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  7. 7

    専門医は「説明不能」…米11歳少女の悪性脳腫瘍が消えた!

  8. 8

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  9. 9

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

  10. 10

    今度は連ドラ初出演…田中みな実“媚びた笑顔”に隠れた野心

もっと見る