• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「春雷」葉室麟著

 15年前、羽根藩に召し抱えられた多聞隼人は、藩主の三浦兼清に重用され、藩の財政立て直しに尽力。銀主に返済猶予を求める一方、百姓からは年貢を、商人からは運上金を容赦なく取り立てたため、人々には鬼と呼ばれ、城下には怨嗟の声が渦巻いていた。そんな中、隼人は兼清から、これまで難工事が予想されるため誰も手を付けてこなかった黒菱沼の干拓を命じられる。間違えれば一揆が起きかねない工事だが、隼人は家老への昇進を条件に応じる。噂を聞きつけ干拓工事の名人で、「人食い」と呼ばれる大庄屋・七右衛門が隼人に面会を求めてくる。

 大願のために孤高に生きる男を描く時代長編。羽根藩シリーズ第3弾。(祥伝社 1600円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  3. 3

    屈辱の本拠地負け越し…巨人が東京ドーム嫌いになったワケ

  4. 4

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  5. 5

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  6. 6

    アマ競技で多発する不祥事 機能不全のJOCに解決できるのか

  7. 7

    G由伸監督初の会見拒否から一夜…手負いの岡本と心中決断

  8. 8

    K-POPガールズ空前のブーム レコード会社熾烈争奪戦の行方

  9. 9

    BTSとのコラボ中止に賛否 顔に泥塗られた秋元康“次の一手”

  10. 10

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

もっと見る