「春雷」葉室麟著

公開日: 更新日:

 15年前、羽根藩に召し抱えられた多聞隼人は、藩主の三浦兼清に重用され、藩の財政立て直しに尽力。銀主に返済猶予を求める一方、百姓からは年貢を、商人からは運上金を容赦なく取り立てたため、人々には鬼と呼ばれ、城下には怨嗟の声が渦巻いていた。そんな中、隼人は兼清から、これまで難工事が予想されるため誰も手を付けてこなかった黒菱沼の干拓を命じられる。間違えれば一揆が起きかねない工事だが、隼人は家老への昇進を条件に応じる。噂を聞きつけ干拓工事の名人で、「人食い」と呼ばれる大庄屋・七右衛門が隼人に面会を求めてくる。

 大願のために孤高に生きる男を描く時代長編。羽根藩シリーズ第3弾。(祥伝社 1600円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    日本人の「知性低下」を露呈した東京五輪…政治家も官僚も私利私欲に走る

  2. 2

    菅首相の五輪強行がトドメか?衆院選まさかの「自公過半数割れ」に現実味

  3. 3

    実は計算づくだった? 石橋貴明と鈴木保奈美の「離婚発表」が7月になったワケ

  4. 4

    五輪開会式直前に演出の小林賢太郎氏が解任…やはり抜擢は“クリエイターの天皇”人脈だった

  5. 5

    小山田圭吾“陰湿いじめの舞台“となった和光学園の「共同教育」とは…担当者に聞いた

  6. 6

    中居正広が「酒浸り」告白 五輪キャスター“再選出”も声かからず意気消沈の日々

  7. 7

    小林賢太郎氏は開会式演出をクビに…“もうひとりの太郎”麻生財務大臣「ナチス肯定発言」の責任は?

  8. 8

    鈴木保奈美&石橋貴明が離婚 「ユーチューブで発表」は夫への“餞別”代わりか

  9. 9

    安倍前首相の五輪開会式トンズラ…「逃げた」「無責任の極み」と大ブーイング

  10. 10

    東京五輪にスポンサーから続々NO! TV観戦増でCM効果上昇のはずが放映中止ドミノの可能性

もっと見る

人気キーワード