• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「思い出は満たされないまま」乾緑郎著

 遥子は、離婚を決意して息子の尚之を連れ、生まれ育った団地に戻る。ある日、遥子は尚之を子供の頃に遊んだ「ひょうたん島」に連れ出す。神社の敷地にあるその雑木林の丘は、立ち入り禁止の場所だが、銀杏拾いや昆虫採集にと住人たちは勝手に出入りしていた。遥子が頂上に到着すると、張り切って先を歩いていた尚之の姿が見当たらず、呼んでも返事がない。夜になっても尚之は見つからず、警察から知らせを受けた夫の明彦が団地に駆けつけてくる。同じころ、母親とはぐれて団地に戻った尚之は、ある少女から声をかけられる(「しらず森」)。

 団地を舞台にしたさまざまな味わいの不思議な7つの物語。(集英社 1500円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    国会大幅延長は安倍3選のためか 総裁選工作に血税90億円

  2. 2

    宮里藍「10年越しの結婚」秘話 世間体気にし父親も大反対

  3. 3

    フリー転身説浮上 NHK桑子真帆アナに有働アナが“急接近”

  4. 4

    手越の未成年飲酒報道で狂い始めた NEWS小山の7月復帰計画

  5. 5

    がん患者にヤジ 自民・穴見議員に政治資金“還流”疑惑浮上

  6. 6

    最近目立つ暴力事件より高校野球で根深いのは“たばこ問題”

  7. 7

    お笑い界の“成功モデル”に?坊主頭の人気芸人が増えたナゾ

  8. 8

    タレントどもの“W杯便乗商法”はまだ始まったばかり

  9. 9

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  10. 10

    貴乃花一門“完全消滅”で「阿武松グループ」の処遇どうなる

もっと見る