「思い出は満たされないまま」乾緑郎著

公開日:  更新日:

 遥子は、離婚を決意して息子の尚之を連れ、生まれ育った団地に戻る。ある日、遥子は尚之を子供の頃に遊んだ「ひょうたん島」に連れ出す。神社の敷地にあるその雑木林の丘は、立ち入り禁止の場所だが、銀杏拾いや昆虫採集にと住人たちは勝手に出入りしていた。遥子が頂上に到着すると、張り切って先を歩いていた尚之の姿が見当たらず、呼んでも返事がない。夜になっても尚之は見つからず、警察から知らせを受けた夫の明彦が団地に駆けつけてくる。同じころ、母親とはぐれて団地に戻った尚之は、ある少女から声をかけられる(「しらず森」)。

 団地を舞台にしたさまざまな味わいの不思議な7つの物語。(集英社 1500円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  8. 8

    ラグビーW杯決勝が22万円に! 横行するネットダフ屋の実態

  9. 9

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  10. 10

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

もっと見る