• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「人の寿命は『肌』でわかる、『腸』で決まる」荒浪暁彦著

 顔にシワが多く、年齢以上に老けて見える人は要注意。皮膚は体内の状態を映し出す鏡でもあり、老け顔の人は早死にする可能性が高いという研究報告もあると、皮膚科医の著者は言う。

 近頃、健康長寿の敵として注目されているのが「AGE」という物質。タンパク質と糖が加熱されてできるもので、日本語では終末糖化産物と呼ばれている。AGEは内臓脂肪を悪玉化させて、各種の生活習慣病のリスクを高める。さらに、体のさまざまな場所にたまるため、水晶体にたまると白内障に、脳にたまるとアルツハイマー病に、そして皮膚にたまるとシワなどの原因になるという。

 温かいものを食べる、腹八分目に食べるなど、AGEをためない、腸に良い生活習慣のヒントも提示していく。(ワニブックス 1100円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    有働アナ取られ…大手がマツコに意趣返し“共演NG包囲網”も

  2. 2

    作家・中村文則氏が警鐘 「全体主義に入ったら戻れない」

  3. 3

    手越がトドメに? 日テレの情報番組からジャニタレ一掃も

  4. 4

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  5. 5

    梨田監督ついに決断…楽天・松井は二軍落ちが大正解の理由

  6. 6

    支持率下落が続く安倍政権 今度は対北外交でも国民にウソ

  7. 7

    前川清さん語る運の尽き 演歌界の“酒豪四天王”に誘われて

  8. 8

    最大の後ろ盾も失い…楽天・梨田監督“電撃辞任”の全内幕

  9. 9

    消防士の腕で眠る赤ちゃん…写真が急拡散したそのワケとは

  10. 10

    ファンも聞き飽きた 本田圭佑の“大風呂敷”惨敗した4年前も

もっと見る