「人の寿命は『肌』でわかる、『腸』で決まる」荒浪暁彦著

公開日:  更新日:

 顔にシワが多く、年齢以上に老けて見える人は要注意。皮膚は体内の状態を映し出す鏡でもあり、老け顔の人は早死にする可能性が高いという研究報告もあると、皮膚科医の著者は言う。

 近頃、健康長寿の敵として注目されているのが「AGE」という物質。タンパク質と糖が加熱されてできるもので、日本語では終末糖化産物と呼ばれている。AGEは内臓脂肪を悪玉化させて、各種の生活習慣病のリスクを高める。さらに、体のさまざまな場所にたまるため、水晶体にたまると白内障に、脳にたまるとアルツハイマー病に、そして皮膚にたまるとシワなどの原因になるという。

 温かいものを食べる、腹八分目に食べるなど、AGEをためない、腸に良い生活習慣のヒントも提示していく。(ワニブックス 1100円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  8. 8

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  9. 9

    電動車いすで店に入れず…理髪師から広がった思いやりの輪

  10. 10

    データ分析室も機能せず…巨人に“天敵投手”続々の真犯人

もっと見る